« ■詩仙堂~曼殊院へ 1 | トップページ | ◆流鏑馬神事と駈馬神事 »

2006/04/28

○大絵巻展 京都博物館

Dsc25303a_2 

京都国立博物館、本館、表門、同改札場及び袖塀が「旧帝国京都博物館」として国の重要文化財に指定されています。 ●場所はここです。

「大絵巻展 久しぶりに博物館の催しに行ってみようと思った展覧会です。

日本のアニメが世界の追随を許さないレベルであるという事は、この展覧会を見る限り「日本人のDNAに組み込まれたもの」を確信致しました。

昨日はさほど混んでいるとは思わなかったけれど、
人の頭越しでは絵巻物を見ることが出来ませんので ゆっくりゆっくり進む列に並びました。かなり疲れます。
椅子は部屋の中にはありません。部屋のつなぎ目のところに僅かにあるのみでした。
途中途中にビデオによる説明の場所があり、椅子が並んでいましたので休憩出来ますが、お年よりも多かったので椅子がもっと必要でしょうね。。
私が知っている(私レベルですから少々)有名な絵巻物はほぼ展示されていたようで満足でしたが やっぱり料金が高い、高すぎる。(1300円)
カタログが2200円・・・高い!、でも買っちゃいました(家で待っている母へのお土産です)。だから「お茶」せずに帰って来ました。

博物館の広い敷地にはお茶席も設定されておりました。
つつじ サツキの咲くころに訪れ、噴水、「考える人」の周りでのんびりするのが一番だと思いますが、その頃は人出も多いでしょうね。
博物館所有の品々の常設展も大変重厚です、絵巻展の帰りには是非行かれます様に。

Dsc25282b

展覧会の催されている本館から見た西の方向。ここが小高い事が分ります。
左に僅かに京都タワー、正面奥の白い大きな建築物は改修中の東本願寺、
正面真ん中は「考える人」の背中と表門です。サツキが満開ならさぞカラフル。

Dsc25291a

常設展の建物から。噴水の池には人懐こい錦鯉がいます。

Dsc25295a

修学旅行生もノンビリですが、常設展のみの見学のようです。
レンガ色の建物は「ハイアット リージェンシー」です。

Dsc25301b

文化財保存修理所 の手前の八重桜がまだ満開でした。

Dsc25281a

入り口は是非「大和大路」側から。ずっといいですよ、それに空いています。
(写真は昨年9月初旬 百日紅の並木道から)

Hakubutu02

次回7月15(土)-8月27(日)は「美のかけはし」として、
俵屋宗達筆の「風神雷神図屏風」も登場らしいです。

比叡山山麓の寺院散策は次回になりました。

---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---    
  こちらは絶対によろしく にほんブログ村 旅行ブログへこちらも是非ともよろしく☆
---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---

|

« ■詩仙堂~曼殊院へ 1 | トップページ | ◆流鏑馬神事と駈馬神事 »

旅行・地域」カテゴリの記事

■散策・02 ◆博物館~豊国神社~六波羅蜜寺」カテゴリの記事

コメント

うちのご紹介、ありがとうございます。
平日でもそれなりに来場者はあったようですね。
展覧会は、会期の終了が近づくにつれて混み合うように思います。
なので、始まったら早々に行くことにしています。
絵巻物は右端からず~っと辿って行かなければストーリーが分からないので、列に並ぶしかありませんね。
ゆっくり、ゆっくりで確かに疲れます。
カタログの2,200円、高いですよね。
しかし、お母様はお喜びになったことでしょう。
八重桜もまだ大丈夫だったようで、なんか、嬉しいです。

投稿: がんさん@大和の国 | 2006/04/28 11:44

こんばんは。
ココ。建築の学生になったばかりのころに来た思い出があります。(その前は高校生のころにデートで、笑)良い建築ですよね、さすがは巨匠、片山東熊の作です。ポチっ!

投稿: motti | 2006/04/28 22:25

★がんさん こんにちは♪
いつでも行けるからのんびりしていて、
終了間際の混雑に恐れをなして行かず終いが結構あるから、
これはさっさと行って来ました。
絵巻は絵が繊細でシッカリ近くで見なくては見えないのです。
疲れました。
入場料よりカタログが高かったです。立派でしたが。

★mottiさん こんにちは♪
「ポチッ」・・・有り難う御座います。
本館の内部も立派でしたよ。
柱がローマ、ギリシャ・・・そんな感じ。
懐かしさからどうぞ来て下さい。

投稿: りせ | 2006/04/29 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■詩仙堂~曼殊院へ 1 | トップページ | ◆流鏑馬神事と駈馬神事 »