« ■緑の安楽寺 鹿麓 | トップページ | ●田植え始まる修学院離宮 »

2006/05/31

■天龍寺の龍

Dsc26682b

私が法堂を見つけると必ず天井の龍を見るのは、小学校の時の遠足で天龍寺の法堂の龍を皆で見上げた時からです。あの時の歓声も覚えています。

嵐山に行った時、天龍寺の方丈、庭園には入らなくても、法堂にだけは立ち寄って見上げていたものです。
近年、この天井の龍を加山又造画伯によって新たに描かれたのをNHKのスペシャルを見て是非とも見たいと思っておりましたが、、、
撮影禁止だったので今回はいつも行っていない方丈と庭園に入って来ました。
広いです。法堂の龍は次の機会にはゆっくり見せていただきます。

庭園はまた次にして、方丈の襖絵の「雲竜の図」を載せます。
分厚いプラスティック板が貼られていますので反射で前の庭園が写っています。

Dsc26678a

Dsc26685b

左です。

Dsc26676a

正面からアップです。

Dsc26686a

右です。

Dsc26677a

そしてシッポは隣の部屋に続きます。

Dsc26679a

かなりマニアックで御免なさい。龍好きですから。
新しい作品に見えました。扱い方から言って「レプリカ」のようです。
後述、
今気がつきました。左隅に作者の署名があります。又確かめてきます。

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね。    
  こちらは絶対によろしく にほんブログ村 旅行ブログへこちらも是非ともよろしく☆
---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+--

皆が見ている庭園は・・・。開山夢窓疎石の作庭になる廻遊式庭園。
池の前庭には州浜形の汀や島を配し、嵐山や亀山を借景として取り入れている。
・・・そうです。

Img_7504a

|

« ■緑の安楽寺 鹿麓 | トップページ | ●田植え始まる修学院離宮 »

旅行・地域」カテゴリの記事

● 7 天龍寺・ 塔頭」カテゴリの記事

コメント

天龍寺さんも何度かお参りさせていただきました。
嵯峨野へ行くときにはここか清涼寺に駐車させてもらっていますので。
龍の絵、迫力ありますね。
私は建仁寺の龍も好きです。
今度の土曜日は忙しくなりそうだな…。
でも、展覧会を見た後はまん丸い眼鏡を絶対に…。

投稿: がんさん@大和の国 | 2006/05/31 08:59

★がんさん こんばんは♪
がんさんは京都通ですね。
天龍寺の方丈、庭園に入ったのにはウン十年前です。
「こんなに広かったのか~」でした。
そういえばモーターグライダーだったかで天龍寺の上を紅葉の頃に飛んでられたのを見たけれど、綺麗だったですよ。
建仁時の龍、今サイトの写真集で確かめたら「ひょうきんな龍」ですね。
ちょっと恐いのが「東福寺の龍です」「人面龍」みたいです。
まだ好きな龍はいません。多分前の天龍寺の龍がどんなだったか覚えていませんが、それが好きなのだと思います。
天龍寺の方丈の襖の龍は好きです。
法堂の加山又造画伯の龍もNHKで見て「早く実物を見てみたい」と思ったくせに何故か庭に入ってしまいました。
平日にゆっくり見にいきます。
トレードマークの丸メガネ。ダメですよ。誰にも似合いません。

投稿: りせ | 2006/05/31 21:48

ゆーしょーです。こんばんは。
嵐山へ行くたびに、天竜寺へ行くのですが、この襖絵を見るのが初めてです。
すごいですね。1枚目と、5枚目、特に迫力がありますね。
天竜寺へは、2年ほど前に行ってきました。
主に、庭園を撮影しました。「三脚使用禁止」の看板が立っていましたので、
全て手持ち撮影となりました。
次に行く時は、この龍を見てきます。
ありがとうございました。

投稿: ゆーしょー | 2006/05/31 23:59

★ゆーしょーさん こんばんは♪
普通、方丈でのんびりすること少ないのですが、ここは広くて皆のんびり座っていました。
襖の龍・・私は新しい作品に見えたのですが・・・。
ずっと以前からあったかどうか、分りません。レプリカかも。
どこの寺院でも「三脚禁止」ですね。
お庭の写真もたくさん撮りましたが、時期的には花の色のある頃が良かったなあと。
私は次に行く時は法堂の龍をゆっくり見てみたいと思います。

投稿: りせ | 2006/06/01 01:35

がんさん、こんにちわ。
天龍寺、わたしも先日行って来ました。
お庭、広くて立派で見ごたえありました。
しかし、目的は勿論、あの龍を見上げること、でした。
ところが、ところがです、
せっかく休みを取って平日に行ったのに、
あそこだけ平日には公開していないのです!
土・日のみ公開なんですって。ガッカリです。
がんさんが、「平日にゆっくり」、と書いてらしたので、
これはひとこと言っておかねばと思い、
書き込みさせてもらいました。

投稿: hayashi | 2006/06/02 13:41

りせさん、すみません。
お名前間違えて、堂々と『がんさん』なんて
書いてしまいました。お許しください。

投稿: hayashi | 2006/06/02 13:44

★hayashiさん はじめまして♪
コメントありがとうございます。
やはり天龍寺のお庭も建物も立派でしたね。
ありがとうございます。平日の公開はないのですか。
見てみたいのですが、京都人としては不思議なものです。
私だけかも知れませんが、以前は自由に見れたものが見れなくなる・・・。
日本を代表する著名な日本画家の新しい天井画だから
有料、撮影禁止は当然かもしれませんが、
何となくお金を払って見ることにまだ抵抗があります。
これが本音なのです。
でも、見てみたいのも本音です。
名前はいいですよ。
がんさんいつも来ていただきますから、間違いますよね。

投稿: りせ | 2006/06/02 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■緑の安楽寺 鹿麓 | トップページ | ●田植え始まる修学院離宮 »