« ■緑の静寂 法然院 | トップページ | ●いつもの御所(京都御苑) »

2006/05/19

●祭りのあと 下鴨神社

Dsc06411a

今年の葵祭りは良いお天気に恵まれ、お祭りが終わるのを待つかのように天気が崩れてきました。
♪~祭りのあとの淋しさは~♪・・・アッ祭りが違いました。
18日の下鴨神社はいつものような静けさを取り戻しています。
有料席は鉄骨を残して在りし祭りを忍んでいるよう、お片付けはのんびりです。
糺の森(ただすのもり)も昨日の雨と共によりいっそう緑を増したよう。
京都の中にこのような「森」が「小川」が存在する事の「不思議さ」、「貴重さ」。
下鴨神社は「●8下鴨神社だより」としてまとめて入っています。(葵祭を除く)

Dsc06267a

Dsc06263a

   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく

広い境内なのですね。
以前テレビで上空から全景を映しているのに見惚れた事がありました。

Dsc06268a

「葵祭」では境内のほとんどの場所が有料席になっていたようです。
木々の間、人の頭越しにカメラを上げて撮った1枚です。

Dsc26140a

|

« ■緑の静寂 法然院 | トップページ | ●いつもの御所(京都御苑) »

旅行・地域」カテゴリの記事

●23 下鴨神社 四季」カテゴリの記事

コメント

人気blogランキング 第1位、おめでとうございます。
冬は底冷えして寒いですが、京都に住めて幸せですね。
今回は下鴨神社ですね。本当に、新緑が綺麗ですね。
ここへは、1回だけ行ったことがあります。
懐かしいです。
これからも、おじゃまさせて頂きますので、よろしくお願い致しますね。

投稿: ゆーしょー | 2006/05/19 11:12

★ゆーしょーさん こんばんは♪
下鴨神社は何となく別世界に踏み込んだような感覚です。
森の空気が違います。
フィトンチッドとか、マイナスイオンとかでしょうか。
サイト、ブログを作り出して京都に住む幸せを感じるようになりました。
それまでは、あまりにも当たり前の風景で意識しませんでした。
ゆーしょーさん、何度でも見に来て下さいね。
ヘタな写真も多くて見るに耐えないものがあるかも知れませんが、御容赦を。

投稿: りせ | 2006/05/19 20:50

こんばんわ☆
ブログランキング 第1位おめでとうございます!
いつも素敵なお写真をありがとうございます(^^♪

投稿: aya | 2006/05/19 21:24

こんばんは。
祭りのあと。題名にピッタシなくらい静かな写真。しかも、しっとり系。いい気持ちになる写真をありがとうございます、ん?気が付いた、りせさんところの写真は「いい気持ち」になる。これだ。(←なにが。)おっと、1位っすね!おめでとうございます。私は、なんとなくカテゴリを変えてみました。他所のカテゴリのも挑戦!修行ってやつ?笑

投稿: motti | 2006/05/19 22:13

★ayaさん こんばんは♪ 有り難う御座います。
そうなんです。1位になってしまいました。
京都ってヤッパリ人気の観光地なのだと思います。
行った所は思い出して見てみたいものですもの。
だから見に来て下さるのでしょうね。
写真撮りながら「京都はどこでも絵になるなあ」と思ってます。
写真を撮ってブログに入れて、皆様が見てくださる・・・
今本当に嬉しいです。
「あそこも撮りに行きたい」って考えるのも幸せです。
どうも左京区、東山区に偏っていますが、もっと足を伸ばしますね。

投稿: りせ | 2006/05/19 22:44

★mottiさん 探しましたよ♪
カテゴリー変えて バックも黒でリニューアルですね。
写真にはバックは黒が合うように思います。
私、写真はド素人で向上心が有りません。
技術が無いから感性だけの写真です。
凝って撮らない分、優しいのかも知れません。
・・・分りませんが。
私もカテゴリー変えましたが、今落ち着きました。
ややこしいから帰って来てください。

投稿: りせ | 2006/05/19 22:52

吉田拓郎ですね。
アルバム、持っておりました。
学生時代に買ったアナログ盤なので、大和の国に引っ越すときに廃棄してしまいましたけどね。
糺の森、良いですよね。
あの小川がなんとも言えません。
京都の人々が大事に守って来られたのでしょうね。
これからも守り続けていかなければならない大切なものが沢山あります。

投稿: がんさん@大和の国 | 2006/05/20 06:02

★がんさん ようこそ♪
同世代じゃないですよね。私よりずっとお若い筈。
拓郎さんも好きです。
9月のフォークジャンボリー行きたかったけれど「ヤンピ」にしました。チョー残念。
是非「糺の森」をさ迷ってください。
哲学するも良し、湯川博士の如く物理学するも良しです。
「深泥池」と同じで大切な自然遺産ですね。

投稿: りせ | 2006/05/20 12:22

この記事へのコメントは終了しました。

« ■緑の静寂 法然院 | トップページ | ●いつもの御所(京都御苑) »