« ■狛鼠 狛猿 狛鳶・・大豊神社1 | トップページ | ■勧修寺 立て札で伸び伸び »

2006/06/11

■花菖蒲、白鷺の巣立ち・・・勧修寺

Kansyuu04

勧修寺です。 場所はここです。
山科、醍醐あたりが、未開拓と云うことで行って来ました。
昌泰三年(900)創建の古いお寺です。
「氷室の池」を中心に造園され周囲の山を借景にし、自然美を楽しむ「池泉庭園」です。
池には花菖蒲と睡蓮が満開でした。
それに加えて中ノ島には白鷺とアオサギの巣が満開。煩いこと煩いこと。
花菖蒲と睡蓮そしてヒナ鳥たちと鯉です。あッ、アベックも(古う)ね。
白い花菖蒲は可憐。これ「小町娘」って言うらしいです。

Kansyuu08

Kansyuu09

Kansyuu10

Kansyuu17

「氷室の池」・・平安時代、毎年一月二日にこの池に張った氷を宮中に献上、氷の厚さでその歳の五穀豊穣を占ったということです。

Dsc27278a

睡蓮もたくさん咲いていましたが、花の季節は長いからこれからですね。

Kansyuu18

Kansyuu19

こんもりと茂った中ノ島の樹の中は白鷺たちのベビーラッシュでギャアギャア大騒ぎ。
鳥達を撮影の三脚を構えたカメラマンは長期戦で大勢おられました。
木々に隠れて多くは写りませんが、白鷺の巣がたくさんありました。
白鷺の多さに比べてアオサギの巣の数は少ないようです。

Dsc27293b_1

Kansyuu01

---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---    
  こちらは絶対によろしく にほんブログ村 旅行ブログへこちらも是非ともよろしく☆
---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---

元気な鯉もいっぱい。

Kansyuu11

池の他の写真は次回載せます。

Img_7874a

|

« ■狛鼠 狛猿 狛鳶・・大豊神社1 | トップページ | ■勧修寺 立て札で伸び伸び »

■散策・33 山科 醍醐寺 他」カテゴリの記事

花の京都 初夏 2」カテゴリの記事

コメント

りせさん、こんにちは。
山科の勧修寺にも池があり、池の中にかなり大きな島があるのですね。
「氷室の池」と言うのですか。
平安時代の一月二日は、当然 旧暦ですので、二月の上旬~中旬くらいですね。
一年で一番寒い頃です。
この大きな島へは入ることが出来るのですか?
静かで、白鷺が巣を作るのに最高の場所ですね。

尚、場所もクリックして、見せてもらいましたが、地図の上のほうにある、縮尺がいいですね。
これは、プロでなければ出来ません。

とにかく、毎日、京都へ遊びに行っている感じで、毎日が楽しいです。

投稿: ゆーしょー | 2006/06/11 12:45

こんばんは。
リンクありがとうです!
しかし、綺麗に咲いておりますね。しかもお寺ですので雰囲気もシットリと。
小町娘さんはなんだか思いいれができていまって余計に綺麗にみえまする、笑。
この睡蓮と花菖蒲っていうのが絵になりますね。お見事。これぞ日本、京都なお庭な雰囲気ですね。
しかし、白鷺が多いですね、ビックリです。

投稿: motti | 2006/06/11 22:20

★ゆーしょーさん こんばんは♪
今日も遅くなってしまいましたm(_ _)m
ここは「池」がメインのようです。
他にも見るところは有るのですが先ず池の美しさに足が向いてしまいます。
ここで氷が張ったのですから昔の冬は寒かったようですね。
地図はlivedoorを使わせていただいています。
拡大縮尺で場所の確認が出来ますねえ。
白鷺は一羽でも優雅で見ているだけでも嬉しいですが、
ヒナに親鳥がうじゃうじゃ居ました。観測していたら時を忘れます。
写真を一杯撮りますので、一回のブログに7-8枚は当たり前になってきました。
京都を出来るだけお伝えできれば嬉しいです。


★mottiさん こんばんは♪
水辺の花って良いですね。
どこで咲いていても、たった一輪でも花菖蒲はハッとする美しさがありますねえ。
白鷺のヒナを見れるなんて感激でしたよ。
まだ、エサを貰っている状態ですがこれからどうなるのでしょうか?
見守るカメラマンも目が離せないという事でしょうね。
また見に行きたいです。

投稿: りせ | 2006/06/12 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■狛鼠 狛猿 狛鳶・・大豊神社1 | トップページ | ■勧修寺 立て札で伸び伸び »