« ■紫陽花と十石舟 京阪特急 | トップページ | 木屋町を南に・・・ »

2006/07/02

高瀬川と木屋町あたり

Img_8625a

森鴎外の小説「高瀬舟」でも知られている高瀬川です。

高瀬川沿いの木屋町通りには、江戸時代の藩邸跡碑などが立ち、維新の志士たちの史跡、遭難地の碑が多く存在しています。

川沿いを歩きながらの風景をお届けします。
地図は「一之舟入り」に合わせていますが高瀬川を下って下さいね。

高瀬川一之舟入り(←高瀬川、高瀬舟、木屋町についてはこれを見てくださいね)。
少し上に島津製作所の「創業記念館」があります、ここには昔の実験器具や医療機器の展示、田中耕一氏のコーナーもあります。

Dsc28396a

Img_8663a Img_8668a_1

Dsc28397b 

Img_8615a

Img_8596b

Img_8609a Img_8697a

Dsc28423a

桂小五郎と幾松の寓居の碑があります。

Img_8610a

Dsc28427a

横の筋を見ると、打って変わった賑やかさです。

Img_8890a

勤皇の志士、本間精一郎遭難の場所です。碑の南の路地に切られた時の刀傷が残されています。占いの方は快く写真に応じていただきました。

Img_8881b

日が暮れてからもう一度通りました。

Img_8990b

四条通まで来ました。続いて南にも下って行きました。

---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---   
  こちらは絶対によろしく にほんブログ村 旅行ブログへこちらも是非ともよろしく☆
---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---

四条小橋(高瀬川の橋を"小橋"と言います)の少し上、喫茶店「ソアレ」に入りました。

Img_8892b

Img_8895a Img_8896a

※ カテゴリー「喫茶店」を無くして「散策」に振り分けました。

|

« ■紫陽花と十石舟 京阪特急 | トップページ | 木屋町を南に・・・ »

■散策・07' 三条 四条通 五条界隈」カテゴリの記事

京の食事処」カテゴリの記事

コメント

りせさん、こんにちは。
いつものように3つの扉を叩いて訪れました ゆーしょーです。
今回は、高瀬川ですね。
高瀬川を地図でたどっていくと、九条あたりで切れてますね。
昔は、鴨川と合流していたのでしょうね。
それでなければ、罪人を乗せた高瀬舟はどうして大阪まで行けたのでしょう。
・・・・・と昔を偲ばずにはいられません。
帰りは、お決まりの喫茶店!
喫茶店が好きなのですね。りせさん。

投稿: ゆーしょー | 2006/07/02 12:55

書き忘れましたが、今日更新の私のブログに、
「城下町なればこその風景」 の面白いのを載せています。

投稿: ゆーしょー | 2006/07/02 13:01

こんにちは。本間精一郎の遭難碑前の運命鑑定ってゆうのが面白い構図ですね。本間精一郎って岡田以蔵に切られたんですが、その以蔵のピストルが高知で公開されてるそうです。

投稿: 京都暗記帖人 | 2006/07/02 17:43

★ゆしょーさん こんばんは♪
「高瀬川」、浅いです。水深10センチちょっとくらいです。
このままで舟が通ったのでしょうか?
鴨川から水を引き入れていたでしょうね。
散策をしていたらどこかでゆっくりしてみたいものです。
京都に昔からある喫茶店を特に選んで入っています。

投稿: りせ | 2006/07/02 22:51

★京都暗記帖人さん こんばんは♪
取り合わせが何とも言えなく、面白いですね。
さすがお詳しいですね。歴史には疎かったのですが、知らず知らずの間に興味が出てきました。

投稿: りせ | 2006/07/02 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■紫陽花と十石舟 京阪特急 | トップページ | 木屋町を南に・・・ »