« ■大山崎山荘美術館 | トップページ | 高瀬川と木屋町あたり »

2006/07/01

■紫陽花と十石舟 京阪特急

Dsc28340d   

伏見十石舟、紫陽花がひっそり咲いていました。
柳の陰に、緑の水面に、ささやかに。
カテゴリーは「■散策・22 伏見」です。「酒蔵の街 伏見」5/14にも紹介しました。まとめてますので見てください。

Dsc28342a_1

水際の柳も緑を濃くし、枝を伸ばしていました。

Dsc28355b_2 

十石舟が帰って来ました。

Dsc28349a

Dsc28345a

Dsc28346a

Dsc28335a_2

Dsc28326a

Dsc28340c

岸辺の散歩道です。

Dsc28341a

Dsc28324a_1

京阪電車が川の上を通るのが見えます。

Dsc28360a_1

---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+--- 
  こちらは絶対によろしく にほんブログ村 旅行ブログへこちらも是非ともよろしく☆
---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---

京阪特急です。今では"十石舟"の「中書島」に特急も停車します。
「ハトのマークの赤と黄の特急」には2階建ての車両が1両連結されています。
それには「時代祭りの行列」が描かれています。(特急にも緑の車両があります)

Dsc28312a

Manpuku13

「出町柳」駅には"葵祭"の陶板画があります。(部分です)

Dsc27234a Dsc27232a_2

|

« ■大山崎山荘美術館 | トップページ | 高瀬川と木屋町あたり »

■散策・31 伏見 酒蔵 御香宮 十石舟」カテゴリの記事

車窓から」カテゴリの記事

花の京都 夏 1」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、いつものようにして 入って来ました ゆーしょー です。
伏見十石舟は、情緒があっていいですね。
九州の柳川まで行かなくても、近くにこのような いい所があるのですね。

京阪特急、京都行きには一番よく利用します。
清水寺や、知恩院などへ行くのに、和歌山から、一番アクセスが良いからです。
だが、この写真のように、京阪電鉄は、カーブが多いです。
そのため 阪急には、時間で負けますが、乗り心地は京阪特急が上です。
車内の正面にテレビがついていました。

カラフルな多くの写真、ありがとうございました。

投稿: ゆーしょー | 2006/07/01 23:49

★ゆーしょーさん こんばんは♪
いつもコメント有り難うございます。
とても嬉しいです。
柳川は行った事がありませんが、テレビで見ていると良い所ですね。
雰囲気、地形は全く違いますが、高瀬川と祇園白川、河原町通り1筋横の「柳の白川」を歩けば堪能できますよ。
京阪はカーブが多くて車体は傾きますね。カーブが景色を楽しくもさせます。
木津川、宇治川の辺りは特に綺麗です。
テレビも赤い車体の特急には今もあります。

投稿: りせ | 2006/07/02 04:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■大山崎山荘美術館 | トップページ | 高瀬川と木屋町あたり »