« 円山公園 夕日 | トップページ | 八坂神社 絵馬堂 »

2006/09/09

伊藤若冲と石峰寺

Dsc06912b

そろそろ若冲ゆかりの「石峰寺」の写真の追加をしなくてはと思っていた時、街でチラッと見た雑誌のポスターに「若冲 」(じゃくちゅう)の文字が。
予定変更で今日のブログは伏見の石峯寺に決定。

そこで伊藤若冲 について調べているうちに「若沖展」がもうすぐ京都で開催されるのが分りました。なんてタイムリーはことでしょう。
「若冲と江戸絵画展」はカリフォルニアのプライスコレクション(江戸時代の個性的な画家たちの作品を集めた)の約600点のうちの109点が出品されており、東京展では31万7000人の入場者がありました。

京都展は9月23日(土)~11月5日(日)。京都国立近代美術館 詳しくはこちら。
尚、細見美術館で9月10日(日)(明日まで)、「細見美術館リクエスト展06、今年も若冲首位なるか?」を開催しています。 場所はここです。  

「百丈山 石峯寺」(せきほうじ)は羅漢さんのお寺として親しまれています。
私はその羅漢さんの表情と、赤い小さな竜宮城のような門が好きなのです。
伏見稲荷大社から近いですから合わせてどうぞ。場所はここです。
本堂背後の山には釈迦如来像を中心に、十大弟子、五百羅漢、鳥獣などを配した一大石仏群があります。
これは江戸時代の画家、伊藤若沖(じゃくちゅう)がこの寺に庵をむすび、このお寺の住職蜜山とともに制作したもので、釈迦の生涯を表しています。
境内には若冲のお墓と筆塚があります。

   Dsc06897b

最初の赤い門です。

Dsc06898b Dsc06899b_1

2つ目、山に入る門です。
この門を階段の下から見上げた写真はこの過去のブログで見てください。

Dsc06904b_2  

山に入ってみます。ゆっくり一周しても15分もあれば見て回れます。

Dsc06906b

羅漢とは釈迦の説法を聞き、世人より供養される者を言うが釈迦の入滅後、その教えを広めた。

Dsc06915b_1 Dsc06920b

表情が何とも言えない

Dsc06911b

若冲が下絵を描いて石工に彫らせたらしい

Dsc06919b Dsc06922a_1  

伊藤若沖は1716年に京都の錦小路の生まれ

Dsc06927b

Dsc06929b    

Dsc06924b

Dsc06926b Dsc06907b

2006年2月にライトアップされたときの記事です。写真をたっぷり増やしましたので是非見てください。赤い門がとっても綺麗です。

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

Img_3322a

|

« 円山公園 夕日 | トップページ | 八坂神社 絵馬堂 »

旅行・地域」カテゴリの記事

■散策・31 伏見 酒蔵 御香宮 十石舟」カテゴリの記事

石峰寺 (伊藤若冲 五百羅漢)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ゆーしょーです。
この石像、猿の顔に似たのやら、三人ひっついたのやら、
見れば見るほど面白いですね。

投稿: ゆーしょー | 2006/09/09 14:52

★ゆーしょーさん こんばんは♪
修行中の苦難に満ちた顔のようですね。
それが何ともユーモラスだったり、味がありますね。

投稿: りせ | 2006/09/10 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 円山公園 夕日 | トップページ | 八坂神社 絵馬堂 »