« 嵯峨野 広沢の池 | トップページ | 御室 仁和寺 Ⅳ 境内 »

2006/09/27

御室 仁和寺 Ⅲ 襖絵

Imh_5809a_2

「ここは写真がオッケーかなあ?」と先ず靴を脱いだら確認します。
仁和寺は「写真については商業用に使わなかったら許可、三脚使用は不可」
安心してお届けしています。勿論、書いてなくてもフラッシュ使用の撮影、及び本尊、仏様の撮影は礼儀として致しません。

絵は好きなので好んで襖絵は撮りたいのですが、、、
何しろ今私のデジカメが修理中で夫が一人で好き放題撮ってます。たまに注文をつけて撮ってもらうのですが、、、
襖絵に関しては全然気持ちが入っていません。視線がヤッパリ高いのです。

白書院 
本来白木の柱を用いたところからこの呼び名があり、非公式の対面所として使用されていました。三室の襖絵はすべて松を画題としておりこれは昭和12年(1937年)に福永晴帆画伯によりかかれたものです。

Imh_5829a_1

左側

Imh_5830a_2

右側

Imh_5831a_1

       Imh_5819a 黒書院

ここはやっと視線が下がりました。

Imh_5818a

Imh_5816a

Imh_5811a

Imh_5820a

      Imh_5798a 宸殿

Imh_5803a

  Imh_5810a_1  

左側

Imh_5804a

右側

Imh_5805a

次の間 正面

Imh_5799a

左側

Imh_5801a

右側

Imh_5802a

次の部屋。 フラッシュは使用しませんから、あの暗さからはここまで明るく処理するので精一杯です。

Imh_5797a 

左側

Imh_5807a

右側

Imh_5806a

杉戸絵です

Imh_5793a Imh_5823a_2

●「室内の写真」は特に皆様にお見せ出来る様になるまで 未熟ながら1枚1枚スゴク苦労して直しています。(撮ったままだったら凄く歪んでいておまけに暗~い)
  (私の未熟な知識、技術ではこれが限度で、お見苦しい写真もあります)。
「風景写真」のように、トリミング、水平、湾曲、明るさを調節して「出来た~♪」とはいきません。(これだってスゴク頑張ってるでしょ、ケッコウ疲れるんですハイッ)
是非、是非、応援クリックで励ましてくださいね。

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

お抹茶でも・・・
一回で襖絵を仕上げようと思ったら20数枚も写真を入れてしまいました。

Imh_5699b

|

« 嵯峨野 広沢の池 | トップページ | 御室 仁和寺 Ⅳ 境内 »

文化・芸術」カテゴリの記事

●16 御室 仁和寺」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
雄平・ブログ村村民です。
さすがに、歴史ある大寺はたいしたものですね。
襖絵の一枚一枚に感心します。

私は、11月ごろ京都に紅葉をたずねようと思っていますが、
このお寺の紅葉はいかがでしょうか。
きっと見事なんでしょうね。
なにしろ、徒然草にも出てくるお寺ですから。

では、また。

投稿: 雄平 | 2006/09/27 09:33

おはようございます。
綺麗な襖絵ですね。特に桜のがいいなと思います。(桜が大好きなので)大丈夫ですよ、りせさんの努力でちゃんとよく見えます(お疲れ様です)。
宸殿に飾ってある掛け軸は、どなたでしょうか?

投稿: 紫の上 | 2006/09/27 10:59

★雄平さん こんにちは♪
大寺院を幾つか回ってみて、仁和寺は特にスゴイと思います。
南庭、北庭どちらにも紅葉はありました。松の緑は一年中ですから庭はいつも美しいです。
広い境内の御室の桜は見事ですが、紅葉もあります。
明日のブログはそちらを載せます。
庭、建物、彫刻、絵画、全てのスケールが大きいです。

投稿: りせ | 2006/09/27 12:08

★紫の上さん こんにちは♪
「宸殿」の肖像画は「宇多法皇」のようです。
「黒書院」の奥の肖像画が「宇多法皇」か誰かは分りません。
暗い室内の落ち着いた色の金箔は色が出ません。難しいです。
あれで我慢してくださいね。どの絵も素晴しいです。私も桜が好きです。

投稿: りせ | 2006/09/27 12:20

りせさん、おひさしぶりです。
 
いやいや、素晴らしい写真ですよ~♪
わたしなんて、ちょっと暗いともう写真になりません。
ただの何かの影みたいですよ(笑)。
この写真は、雰囲気も図柄もよくわかって、感激ものです。
撮影も編集も満点をあげたいぐらいです。

以前に詩仙堂の近くの金福寺の襖絵を撮りましたが、
あまり上手く撮れませんでした。やはり鮮やかな花の図なのですが、
一度上手に撮ってみてもらえませんか?

投稿: hayashi | 2006/09/27 14:12

★hsyashiさん お久しぶりです♪
見ていただいていましたか?有り難うございます。
「建築」や「美術」をやっている方だと当然に分ることがイマイチ分りません。
柱を垂直にはしたものの、他の部分はこれで良いのだろうか?遠近法は?・・細かく見ればイマイチな部分があるのです。
誉めていただいてとても嬉しいです。頑張るゾッ。

金福寺ですか?庭にしか入っていませんが、紅葉であの辺りに人が溢れる前に行って来ます。上手に撮れたら紹介します。

投稿: りせ | 2006/09/27 17:01

襖絵、堪能させて頂きました。
埼玉の自宅のパソコンデスクで、御室の襖絵を心ゆくまで鑑賞させて頂きました。
「京都を歩くアルバム」は、時間を気にしないで、見たい時に何度も繰り返して見る事が出来ます。
写真の枚数が多いことも結構なこと!
大量の写真を、繰り返し見せて戴くことで、具体的なイメージを持てるようになるからです。

「京都を歩くアルバム」は、コーヒーカップを片手に、繰り返し見せて戴いていますが、そこで質問を一つ。
石塀小路の田舎亭、あれは橋爪功主演の『京都迷宮案内』の、主人公の下宿先の田舎亭なのでしょうか。もしそうであれば、より詳しい場所を教えて頂きたいの」ですが…。

投稿: エンデのモモに憧れて | 2006/09/28 00:25

★エンデのモモに憧れてさん こんばんは♪
まさに、そういう風に見ていただきたいと思っております。
ただ、適当に書いた言葉や、下手だなあと思う写真がいつまでも残っているのが恥かしいのですが。
「田舎亭」、そうです。『京都迷宮案内』で橋爪功と北村総一郎がワイワイ下宿しているところです。
旅館としてちゃんと泊まれます。公式サイトです。
http://www.inakatei.com/
石塀小路に入って、石塀になってからの道で右に回るのですが、その回った角の家です。そのまま少し行くと右に「ねねの道」に戻る小さな入り口があります。(あーあ分りの難い言い方)
歩く順で、9月15日のブログの順です。

投稿: りせ | 2006/09/28 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嵯峨野 広沢の池 | トップページ | 御室 仁和寺 Ⅳ 境内 »