« 萬福寺 総門を入って | トップページ | 宝ヶ池 京都国際会館 黄昏 »

2006/10/30

黄檗山 萬福寺(万福寺) 意匠・造形

Imh_8899a_1

黄檗山 萬福寺(万福寺)の4回目です。

私が「萬福寺」が好きなのには訳があります。萬福寺の公式サイトです。
高校時代に学校から1泊2日の研修に行っているのです。万福寺です。
座禅、写経、法話、掃除、、、他に何があったでしょうか? 忘れています。
当たり前ですが修学旅行気分ではいけません。静かに静かに全ての行動は音を立てずに行わなければいけません。
食事も一切無言、噛む音、すする音、皿の音、立つ音、、、一切禁止です。
一汁二菜(一汁一菜だったかも)、お米(麦が混ざっていたかも)の一粒たりとも残らず食べて、食事が終われば、お皿にお茶を少し注いで、沢庵でお皿を洗って、音をたてずに沢庵を食べてそのお茶を飲みます。(沢庵は飲み込みました)
洗い立てのように綺麗にして食器を返すのです。

可愛い小坊主さんを何人か見かけました・・・「お~~可哀そうに~~あの修行をしているの?」と思ったものです。
あの小坊主さんも今やどこかのお寺の立派な御住職になられているでしょうね。

と云うわけで、今日も万福寺です。万福寺
萬福寺は竜の形に伽藍が配され、白砂は雲に見立てられているそうです、上空から見てみたいものです。
木、白砂、それぞれの意匠の美、組み合わせの造形の妙。それにもとても魅かれています。集めてみました。

法堂(はっとう)前の「卍(まんじ)くずしの勾欄」です。(TOPの写真も)
開山堂・法堂正面の匂欄は、卍及び卍くずしの文様になっています。これらはすでに奈良時代の法隆寺などの南都寺院に使われていますが、江戸時代初期にあらためて黄檗を通じてもたらされたものです。

Dsc40103a

Imh_8911a 

椅子もこうです。座ってもいいのですよ。

Dsc40093a

法堂は禅寺における重要伽藍のひとつで説法を行う場所です。

Dsc40105a

円形と四角、卍くずしと和服の女性。

Imh_8950a

正面は慈光堂(重文/延宝3年(1675)建立)

Imh_8896a_1

賑やかな色の無い世界が素晴しい。

Imh_8910a

法堂からみた大雄宝殿です。白砂の直線が、毎日ひかれるそうです。

Dsc40112a

大雄宝殿から見た天王殿、ひし形の石、その交差。

Imh_8954a

天王殿から見た三門までの道、長いです。直線のひし形の石の列。

Imh_8987a

Imh_8925a Imh_8937a

Imh_8873a_1

参拝の記念に。

Imh_8977a_1

放生池

Imh_8850a

明日も万福寺ですが、きびきびしたお坊さんもおられます。
カテゴリーを変えました。●23 黄檗山 萬福寺です。今までのが入っています。

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

紅葉の名所写真  詩仙堂 (2004/12/1)

Sisendou130 

|

« 萬福寺 総門を入って | トップページ | 宝ヶ池 京都国際会館 黄昏 »

●22 宇治・黄檗山 萬福寺」カテゴリの記事

●26 都七福神めぐり」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、

京都はとっても風情がありますね。
景色も街並みも素敵です。

一度行ってみたいと思ってる場所なんですけどね、、
まだ行った事がなくて・・(^^ゞ

投稿: MALICE | 2006/10/31 13:00

★MALICEさん はじめまして♪
コメント有り難うございます。
京都は逃げませんから・・・逃げないけれどどう変わるかが問題だけれど、いつでも、ゆっくり来て下さいね。

投稿: りせ | 2006/10/31 19:41

 りせさん今晩は
萬福寺のそれぞれの個所の見事な意匠・造形に
見とれてしまいました。そして萬福寺の公式サイトも
見せていただき、建造物は中国の明朝様式を取り入れ
伽藍配置など創造当初の姿そなまま今日に伝える寺院は
日本では他にないことがわかりました。
 また国の重要文化財もここには数多くあることもわかりました。
この貴重な寺院の様子を自宅にいながらりせさんの写真で拝見する
ことができ、この上ない幸せと感謝しています。
 天王殿から見た山門までのながいみちひしがたのいしのれつ
みごとですね。
 ・・・きかいのこしょうで、とちゅうから かんじに
 へんかんしなくなりました。・・・よみにくくて
 ごめんなさい。


 

投稿: 中川 | 2006/10/31 23:02

★中川さん こんにちは♪
ここのお寺で見学客に会うとしても 多くて12-3人です。
ゆっくりゆったり見て回れます。
歴史ある建物、丁度品、触ったり座ったり出来て、それにシンプルでデザイン性があって、意外にモダンで魅かれます。
今日も萬福寺のつもりだったのですが、いつまでも萬福寺なのもと思って「国際会館」に変えました。
またいつか続きを入れます。
パソコンの具合が悪くなられたようですね。毎日のブログはいつまでも残っていますから、お待ちしています。

投稿: りせ | 2006/11/01 11:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 萬福寺 総門を入って | トップページ | 宝ヶ池 京都国際会館 黄昏 »