« 京のわんことにゃんこ(秋冬編) | トップページ | 岩戸妙見宮 圓成寺 »

2006/10/17

御香宮 小堀遠州の石庭

Imh_7650a_1

時々伏見の友人の所に出かけます。
ちょうどお祭りの期間だったのですが あいにくの小雨、これも慣れないカメラ、
後で「アンダーで撮っとる」と言われてしまった写真でとても暗いのです。

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ) 公式サイトです。場所はここです。

Imh_7765a 近所では
「ごこうぐうさん」と呼ばれています。
由緒は拡大して読んでくださいね。

表門 (伏見城大手門) 元和八年(1622)、徳川頼房(水戸黄門の父)が伏見城の追手門を拝領して寄進したものです。

Imh_7759a

門の上には中国二十四孝の物語を彫った四つの蟇股(かえるまた)があります。
右から
「楊香」・・・楊香と云う名の娘が猛虎より父を救った話。
「郭巨」・・・郭巨は母に孝行する為に子供を殺して埋めようとした所から
       黄金の釜が出土、子供を殺さず親孝行が出来た話。
「唐夫人」・・・夫人の曽祖母は歯が無かったので
       自分の乳を飲ませて祖母は天寿を全うした話。

「孟子」・・・孟子は寒中に病弱の母が筍を食べたいというので、
       雪の中に彼の
孝養に感じ寒中にも拘らず筍が出てきた話

Imh_7590a

参道にはズラーッと屋台が並んでいます。 正午過ぎ、まだちょっと雨が降っています。お祭り本番はこれからです。  右は「神馬」

Imh_7592a_2 Imh_7633a_2

拝殿

Dsc08737a

平成九年(1997)六月に半解体修理が竣工し復元されました。
極彩色の桃山文化を見ることができます。

Imh_7737a Imh_7742a_1

Imh_7645a 

Imh_7601aa_1 Imh_7599a

Imh_7639a

本殿

Imh_7607a_1

Imh_7608a_1

御香水と御香水口

Imh_7612a_2  Imh_7732a

本殿を回ってみます。

Imh_7626a

Imh_7617a Imh_7622aa

Imh_7730a小堀遠州が伏見奉行に命ぜられた時、

奉行所内に作った庭園の石を

戦後移して作った石庭です。

Imh_7717a

小堀遠江守政一が元和九年(1623)、伏見奉行に着任すると、庁舎の新築を命ぜられた。寛永十一年(1634)七月、上洛した三代将軍家光をここに迎えた時、立派な庭園に感心して褒美として五千石加増、一躍大名に列した。
伏見奉行所の庭園は遠州公にとって出世の糸口でもあった。

Imh_7669a

   Imh_7671a

廊下を渡って向こうの部屋から

Imh_7681a

Imh_7682a

Imh_7679a

庭園の手水鉢には、文明九年(1477)の銘があり在銘のものとしては非常に珍しいらしい。また、後水尾上皇が命名された『ところがらの藤』も移植、その由来碑も建てている。(以上は貰った栞より)

 Imh_7685a

 Imh_7691a

「京都を楽しんだなあ~」と思った方はクリックしてくださいね。

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

Imh_7676a

Imh_7677b

|

« 京のわんことにゃんこ(秋冬編) | トップページ | 岩戸妙見宮 圓成寺 »

■散策・31 伏見 酒蔵 御香宮 十石舟」カテゴリの記事

●24 京都十六社めぐり」カテゴリの記事

コメント

メンテナンスとはつゆ知らず2回も入力してしまいました。
御香宮さんにお庭があるのはなにかで知ったんですが、結構赴きありますね、けど引き戸を開けたくなるのははたして私だけでしょうか?

投稿: ひでぽん | 2006/10/20 08:36

★ひでぽんさん お早う御座います♪
コメントが入ったと思われたのですか?
私、試していませんから、「今はコメント出来ません」て出るのかと思っていました。
すみません有り難うございました。
御香宮さんのお庭、お部屋は貸切状態、見放題ですよ。
あの鎧兜はお祭りの時だけなのでしょうか?

投稿: りせ | 2006/10/20 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京のわんことにゃんこ(秋冬編) | トップページ | 岩戸妙見宮 圓成寺 »