« 寺田屋 坂本龍馬の宿 | トップページ | 古知谷 阿弥陀寺の秋 »

2006/11/25

大原 寂光院 紅葉の錦

Imi_2499a_2

昨日はちょっと寄り道でしたが、大原に戻ります。
寂光院へは大原のバス停から三千院とは反対の方向へ15-20分です。

寂光院は夏に訪れて記事にしています。
寺院の説明などはそちらをどうぞ見てください。寂光院の公式サイトはこちら

Imi_2462a

色づき始めた寂光院の紅葉です。この石段の参道の紅葉は綺麗。

Imi_2470a

Imi_2476a

Imi_2547a_1

まずは横の孤雲亭から。夏の緑も綺麗でしたが紅葉は格別です。

Imi_2477a

時雨れてきて毛氈が片付けられます。

Imi_2512a

本堂です。時雨れてきて毛氈が取り払われ床机が倒されました。

Imi_2526a_1

太閤豊臣秀吉寄進の南蛮鉄の雪見燈籠です。

Dsc41185a

Imi_2514a

Imi_2485a

Dsc41192a

夏に訪れた時に気が付かなかった三段の瀧にカメラを向けましたが水は写ってないようです。

Imi_2488a

Dsc41194a

鐘楼

Dsc41195b

大原西陵 建礼門院陵(高倉天皇皇后徳子)

Imi_2566a

Imi_2572a

これらは11月18日に訪れた時の写真です。

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

ここ足湯なのです。湯に浸かりながら喫茶です。

Imi_2468a

|

« 寺田屋 坂本龍馬の宿 | トップページ | 古知谷 阿弥陀寺の秋 »

□5 【紅葉】 大原 三千院他 古知谷」カテゴリの記事

2 大原 」カテゴリの記事

コメント

りせさん、こんばんは!
寂光院は、5月に行ったので“こんな風に紅葉するんだ”と感心して拝見しました。
本堂が焼けてしまったのは本当に残念ですが、今は新しい本堂が出来ていたんですね。多分以前と同じように再建されたと思うのですが、こんなにこぢんまりとしていたっけ、と私の記憶は曖昧です。

足湯で喫茶とは斬新ですね。お味は格別だったのではないでしょうか?
是非今度行った時は体験しようと思います。

投稿: fmk | 2006/11/26 01:25

★fmkさん お早うございます♪
夏に行った時は緑々していて「綺麗だなあ」と思ったのですが 紅葉は華やかでもっと良いですね。
本堂の写真は夏のブログの方が綺麗に撮れていますので見てくださいね。
足湯は「暖かそう、浸かりたい」と思ったのですが、スラックスにパンスト履いてました。
これからはタイツ+スラックスの人が多くなるからそれがネックですね。

投稿: りせ | 2006/11/26 08:41

 りせさん、こんばんは♪
寂しげな寂光院には紅葉が合いますね(^^)
夏場は、緑鮮やかですがすがしいのですが、やはり紅葉の方が落ち着くのは、建礼門院徳子の薄幸な生涯を物語っているからでしょうか?

 足湯喫茶、夏場は誰もいませんでした^^;
と云うより、どのお店も開店休業状態でした

 寂光院を放火した人がどんな目的でしたのか?分かりませんが、二度と戻せないという大きな損失を産んでしまったという事実が分かっているのでしょうか?
本当に残念ですね(-"-)

投稿: きこ | 2006/11/30 03:21

きこさん こっちでもこんにちは 有り難う♪
寂光院は建礼門院徳子を偲んで来られる人、歴史好きの人が多いようですね。
三千院に向かう人の数の多さと比べると10分の1から20分の1くらい。1寺院だから仕方ないけれど、放火がひびいているかなあと思います。土産物屋も三千院の参道と比べると淋しいですね。
静かな大原の里を歩くのはこちら、賑やかなのは三千院でと、2つの顔を楽しめるということでしょうか。
火災は全てを一瞬で無にします。「火つけ盗賊は市中引き回しの上はりつけの刑」が相当かと。

投稿: りせ | 2006/11/30 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寺田屋 坂本龍馬の宿 | トップページ | 古知谷 阿弥陀寺の秋 »