« 龍谷大学 大宮学舎 | トップページ | 比叡山麓の秋 »

2006/11/05

金福寺 山麓の芭蕉庵

Imi_1044b

金福寺 臨済宗南禅寺派
864年(貞観6)創建。江戸中期に鉄舟和尚が再興。
松尾芭蕉が鉄舟と親交を深めたという芭蕉庵は荒廃したが、のち与謝蕪村が再興。
背後の丘に与謝蕪村ら近世の俳人の墓や句碑がある。
また、舟橋聖一作歴史小説「花の生涯」のヒロイン村山たか女は文久2年、勤皇の志士によって三条河原でさらし者にされたが、3日後助けられて金福寺に入り尼として明治9年まで14年間すごし、当寺で生涯を終った。法名は清光素省禅と云う。
本堂では与謝蕪村と村山たか女の遺品が拝観できる。
庭園は皐月の築山と白砂の簡素な枯山水。3段の生垣ごしには素朴な趣の芭蕉庵の萱葺き屋根が見える。
3月は紅梅とあせびの花、11月はさざんかと紅葉が美しい。芭蕉庵からは洛中が一望できる。(駒札より)

11月3日、今年の紅葉の見頃は遅いらしく、11月末から12月に入ってらしい。
詩仙堂の喧騒から外れた少し南のところ。場所はここです。

入り口から

Dsc40523a 

Dsc40519a_1

Dsc40517a 

11月3日、葉の色付きにはまだまだです。

Imi_0945a

芭蕉庵へ向かいます

Dsc40493a

Imi_0986a

芭蕉庵

Dsc40496a

Imi_0996a_1 Dsc40496b

蕪村が

こヽで読める句

 

Dsc40497a

Imi_1005a

Dsc40506a 

与謝蕪村のお墓

Imi_1022a Imi_1026a

本堂に入ります

Imi_0968a

Imi_0959a_1

Dsc40470a_1 Dsc40471a_2
柴山全慶老師

Imi_0957a

Imi_0953a

Imi_0962a 

ここの猫ちゃん

Imi_1040a

Dsc40516a Dsc40495a

帰り口

Imi_0949a_2 

門の横の「開運弁財天」

Imi_1056a_1

としては「金福寺」というよりもっと趣のある名前がピッタリな寺院だと思います。

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

紅葉の名所写真 南禅寺・塔所 「天授庵」 (2004/11/16) 

Dsc12967a

|

« 龍谷大学 大宮学舎 | トップページ | 比叡山麓の秋 »

■散策・19 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓」カテゴリの記事

コメント

猫ちゃんいるんですね。まだ。やっぱり住み着いてるんですか。
私は夏に行ったんで、緑が綺麗でした、紅葉もいいでしょうね。
小さなところなんで人が押し寄せたら満員電車状態でしょうか

投稿: ひでぽん | 2006/11/06 08:46

★ひでぽんさん こんにちは♪
猫ちゃん、皆に頭なでられていました。さつきの頃が綺麗でしょうね。
ひっそりが似合うお寺ですが、詩仙堂の近くに大きく看板が出ていますから、隠れ寺院というようでもなさそうなので写真をいっぱい掲載しました。
というより、京都の寺院は今や公開している限りひっそり出来ないほど競って雑誌が取り上げていますしね。

投稿: りせ | 2006/11/06 10:18

 りせさん♪こんばんは
今年は本当に紅葉が遅くなりそうですね(T_T)
このまま汚く枯れていったら、少し寂しいですが・・・
 「金福寺」は観光コースからは少し外れているようですね
こんなに静かなお寺があるのに、何故か?混んでいる方に行ってしまうのは、やはり雑誌等の影響なのでしょうか?
 渋滞には自転車でスイスイ!
平日はりせさんの天下ですね(^^)
休日はカメラマンの天下になりつつありますね^^;

投稿: きこ | 2006/11/07 02:26

★きこさん お早うございます♪
寺院の前に駐車場があるかどうかが観光客の差かも知れません。
バスツアーのコースに詩仙堂は入っているでしょうが、金福寺に無理して行ったら道に迷って時間までに帰れそうにないような所です。ほとんどの方は地図持参でしたから。
曼殊院は門までが遠くて坂がキツイから、観光には車でないと。駐車場完備だから、観光タクシーが多いです。これからはバスツアーも増えるでしょうね。
このコースはゆっくり京都に泊まってないと歩けませんが、凄く見どころが多くて、嵯峨野とは違った味があります。
自転車・・・下りはスイスイですが、登りはたまりません。
今年は朝の冷え込みがキツクないので、紅葉が綺麗に赤くなるでしょうか??ちょっと心配です。

投稿: りせ | 2006/11/07 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 龍谷大学 大宮学舎 | トップページ | 比叡山麓の秋 »