« 比叡山麓の秋 | トップページ | 下鴨神社に突如出現 »

2006/11/07

赤山禅院 夕闇がせまって

Imi_1138a_2 

赤山禅院  比叡山の西麓にある延暦寺の塔頭。場所はココです。
慈覚大師円仁の遺命により888年(仁和4)天台座主安慧が創建。

御所の東北の表鬼門にあたり、都を守護する方除けのお寺。
比叡山延暦寺荒行・・・千日回峰行・赤山苦行(800日目)のお寺。
中秋名月、阿闍梨(あじゃり)さんのご祈祷「ぜんそく封じ」・「へちま封じ」のお寺。
陰陽道の祖神である泰山府君を赤山明神として祀っており,神仏混淆の形態を伝えているお寺。
みやこ七福神の一つ福禄寿神のお寺。
 みやこ七福神とは
赤山禅院の福禄寿神、 六波羅蜜寺の弁財天、 恵比寿神社の恵比寿神、 萬福寺の布袋尊、 行願寺の寿老神、 妙円寺の大黒天、 教王護国寺の毘沙門天  

紅葉の名所、もみじ祭りの期間中参道に骨董屋さん、境内には屋台が出ます。

Imi_1088b

 Imi_1094a

福禄寿神は南極の星泰山府君を人格化した神で幸福高禄、長寿の三徳を与えられるとされ商売繁盛、延寿、健康、徐災を祈願します。
福禄寿神のおみくじです。

Imi_1100a Imi_1169a  

真言密教の象徴である大きな数珠、くぐる時に呪文を唱えます。

Imi_1098a_2

拝殿 屋根の上には・・・方除けの・・・

Imi_1207a

神猿、御所の方向を向いています。

Imi_1205a_1

十六羅漢、三十三観音

Imi_1112a Imi_1113a

寒桜が咲いていました。 10月頃から2月頃開花 。

Imi_1108a_1

Imi_1194a   

Imi_1114a   

TOPの写真のお数珠をくぐって入ると本殿です。

Imi_1130a

Imi_1122a Imi_1123a_1  

Dsc40541a_1

TOPの写真とは反対で本殿から拝殿を見ました。

Imi_1125a_1

日没・・・暗くなってきました。

Imi_1115a

Imi_1186a_1

Imi_1167a

お山に登って行きます。

 Dsc40546a

金神宮

Imi_1163a

桐生宮

Imi_1160a

七福神さんです。

Imi_1170a_1

  Imi_1180a 

闇に明かりの入った赤い提灯、綺麗です。
暗くなってからの方が趣があっていいですね。

Imi_1118a

紅葉の頃には「赤山」の名のように赤く染まります。ヤッパリ昼も良いなあ。

Imi_1217a

6時に山門が閉まります。

Imi_1202a

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

紅葉の名所写真  南禅寺 三門  (2004/11/16)

Dsc12988a

|

« 比叡山麓の秋 | トップページ | 下鴨神社に突如出現 »

■散策・19 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓」カテゴリの記事

●26 都七福神めぐり」カテゴリの記事

コメント

りせさんこんにちは!
こんな夕闇の迫った時に怖くないですか?
いつか○指庵に行ったとき、痴漢に気をつけるように書いてあったと思うのですが・・・。私たちは5人で行ったのにもかかわらず、夕方だった事もあって大急ぎで帰ってきた憶えがあります。(誰が襲う???) 兎に角お気をつけ下さい。
今朝の最低気温は0.2でした。初氷、初霜を記録しました。でも初霜は遅い記録だそうです。朝から快晴で、360度雲ひとつないなんて私は始めて見たような気がします。昨日雪が降ったらしく乗鞍岳も常念も綺麗でした。あとは前述のように名前を知らないので・・・。
安曇野のことですが、安曇野市穂高、安曇野市豊科、安曇野市明科などと地名は残っております。因みに上高地は松本市安曇上高地となりました。

投稿: fmk | 2006/11/08 13:58

★fmkさん こんばんは♪
赤山禅院に着いたのは4時半くらいでまだ明るかったです。夫と一緒ですし。
他にもカップルが3組ほどおられました。境内はそれ程広くなくて、お坊さんの姿も見えましたよ。もう「つるべ落とし」、あっと言う間に暗くなりました。
先日の新聞に「鈴虫寺」(良縁祈願らしいですね、私はもう縁がないからよく知りませんが)の前で「もっとご利益があるお寺がある」と言って女性を別な所へ連れて行ったとか。恐い事があるから気をつけないといけません。
季節の進みが遅いようですね、それでももう初氷、初霜ですか。稜線からの山は分るのですが、下から山を見上げてないから一度見てみたいと思っています。

安曇野、穂高、豊科、明科などの地名は残っていて良かったです。綺麗な名前ですもの。

投稿: りせ | 2006/11/08 21:41

 こんばんは♪
夕暮れも良いものですね(^^)
私は朝ばかり行っていました^^;
ここを最初にして、下るか上がるかしてました
一度、7時前にいったことがあります(ーー;)
人のいない紅葉が撮りたくて・・・
 「赤山」はシャクサイとも読めるので、売掛金回収とか借財取立てにご利益があると云うので、お商売関係の方にはお勧めらしいです(^^)v
 お寺の前で別のお寺のご利益を云うなんて、なんて罰当たりな人がいるのでしょう(-"-)
多分、混んでいるのが嫌だったか、2人きりになりたかったか、どちらにしてもマナー知らずな人なので、フラれるでしょうね

投稿: きこ | 2006/11/09 01:46

★きこさん こんばんは♪
そうそう商売関係にご利益って書いてました。読み方なのですね。語呂合わせが多いですね。
あのニュースはそんなほのぼの系じゃなくて、女性を騙して如何わしい行為をしていた50才代の男のことで、捕まったのです。

投稿: りせ | 2006/11/09 02:14

灯篭がとっても美しいですね、思わず見とれてしまいました。やっぱし京都はええですね。こんなことなら関西に住んでたころに行っておけばよかった!

投稿: うるぱぱ | 2007/09/14 15:35

★うるぱぱさん はじめまして♪
コメント有り難うございます。
暗くなって灯篭や提灯に灯りが灯ると良いですね。
近いと良さが分らず、私も今頃になって見て回ってます。

投稿: りせ | 2007/09/14 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 比叡山麓の秋 | トップページ | 下鴨神社に突如出現 »