« 圓光寺 散紅葉 | トップページ | 詩仙堂 »

2006/12/07

曼殊院門跡 紅葉の庭園

Dsc13742c

紅葉の「曼殊院門跡」をお届けします。 曼殊院門跡の公式サイトです。
「門跡寺院」とは皇室の方々が住職にあった寺院のことで、勅使門に続く壁に5本の線が入っていることで分ります。

2004年12月1日。高校時代からの友人と詩仙堂~圓光寺~曼殊院と歩きました。
仕上げを蓮華寺にしたかったのですが、話が弾み過ぎて彼女の帰宅時間になってしまって。この後「蓮華寺」まで行っておけば良かったなあ~~と残念至極。お断り・・写真は2004年のものです。

弁天島
もう少し左を見たいけど・・・ダメです、友人がドカンと座っています。

Dsc13716a_1

なんとも幻想的

Dsc13712b

白壁に五本線の曼殊院が見えてきました。

Dsc13719a

JRのポスターになるだけあります。見事な紅葉です。

Dsc13723a

Dsc13754a_1 

Dsc13728a

Dsc13736b_1

Dsc13734a

初夏には霧島ツツジが真っ赤に色づきます。次はその頃に。

Dsc13747a

松の緑と紅葉の赤と。

Dsc13739a

このアングルがポスターに・・・
紅葉をゆっくり眺めておられる方がおられます。。。いいね。

Dsc13743a_1

山沿いは真っ赤です。

Dsc13751a

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

ここは比叡山麓。比叡山ロープウェーの鉄塔が見えます。

Dsc13711a

|

« 圓光寺 散紅葉 | トップページ | 詩仙堂 »

■散策・19 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓」カテゴリの記事

□7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。しばらくご無沙汰でした。いや~京都は、どこも紅葉がきれいですな~!都心の高層ビルでバイトをしているので、夜景はきれいですが、やっぱりコンクリートばっかりで、「ニューヨークスタイルのお店」なんてのがいっぱいありますが、「ここはどこやねん!?」と、突っ込みたくなります。日本の都市再開発に、もっと植樹を!!

投稿: 紫野 | 2006/12/08 01:09

★紫野さん こんにちは♪
東京の高層からの夜景は見てみたいですが、京都に建ってしまっている高層の○○○や京都○からの景色は見たくないです。
そこからの景色は良くても、そこ自体が京都の景観を台無しにしてるんだから。
大阪に比べたら東京はずっと緑は多いと聞いていますが。

投稿: りせ | 2006/12/08 11:31

おはようございます。

お住いのお近くで、思い立ったときにこのような綺麗な寺社
散策を堪能できるのも、京都人ならではの特権ですね。

これから今日とは朝晩は底冷え、昼間は時雨れることも多い
寒々しい季節です。お風邪等お召しにならないよう、十分に暖かくしてお過ごしください。

投稿: 京都出身の伊丹市民 | 2006/12/10 08:03

★京都出身の伊丹市民さん こんにちは♪
京都の者は寺院がそこにあることがある当たり前なので、シーズン中にゆっくり見に行けない不満がありますね。
今日は雲が多いけれど雲間からの日光は強いですよ、時雨そうです。

投稿: りせ | 2006/12/10 10:53

 りせさん、こんにちは♪
今年の秋は誰がなんと云ってもここでしょう!
CMに惹かれて・・・と云う人も多いと思います
最初に行ったきっかけは、「幽霊画」です(ーー;)
友人が観たいと云うので行ったら、門前から素晴らしくて、すっかり「幽霊画」の事忘れてしまいました
それで、一度帰りかけて戻ったのを覚えています

投稿: きこ | 2006/12/10 16:40

★きこさん こんにちは♪
そうだ!!・・何かで幽霊画のこと読んだことがある。
ところできこさんは「幽霊画」見たのですか?私は見たくないですが。
詩仙堂から曼殊院までの道の田畑と民家。つい先ごろまで茅葺屋根だったのですよ。
曼殊院はさすが「門跡寺院」だと思わせますね。

投稿: りせ | 2006/12/10 17:47

 りせさん、こんにちは(^^)
もちろん、ひきかえして、「幽霊画」見ました(ーー;)
見れる物はすべて見よう!と云う主義なので・・・
そんなに怖いという感じはなくて、どちらかと云うと「本で見た事ある!この画、ここの所蔵だったんだ!」と思いました
 

投稿: きこ | 2006/12/12 12:33

★きこさん こんばんは♪
旅行は貪欲でなくてはいけません。
「次がある」は「無いと思わなきゃ」未練が残ります。
「幽霊画」はいつでも見れるのでしょうか? 一度見ておかねばなりませんねえ。夏にでも行って来ます。

投稿: りせ | 2006/12/12 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 圓光寺 散紅葉 | トップページ | 詩仙堂 »