« 雪の金閣寺 | トップページ | 東福寺 方丈庭園 »

2007/01/25

雪の庭 等持院

Img_2638a

雪が溶けてしまわないうちに金閣寺から「きぬかけの道」を下って次に入ったのが「等持院」です。(竜安寺はこの時修理中)

等持院
山号を万年山といい、もと仁和寺の一院であったが、南北朝時代の暦応4年(興国2年・1341)に足利尊氏が夢窓国師を開山として中興し、三条高倉の等持寺の別院とした。延文3年(正平13年・1358)尊氏の歿後この寺に葬り、その法名をとって等持院と名づけ、のち、等持寺を合併して臨済宗天竜寺派に属するようになった。
 足利氏の菩提所として堂塔伽藍は衣笠山麓に威容を誇ったが、長禄年間(1457~60)以来、しばしば火災にあって荒廃し、現在の建物は江戸・文政年間(1818~30)の建立である。場所はここです。(駒札より)

Img_2605a

天龍寺でも同じ「達磨さん」を見ました。(他の臨済宗の寺院でも達磨さんの掛け軸を見たような)臨済宗の寺院にだけ共通なのでしょうか?

Img_2626a

Img_2620a

Img_2619a

境内には尊氏の墓と伝える高さ5尺の宝筐印塔があり、庭園は東西に分かれ、西の庭は芙容池と称し衣笠山を借景にした夢窓国師作庭と伝える池泉回遊式であり 北側に義政公好みの茶室清漣亭がある。

Img_2608a

雪もここまで溶けてしまうと、ちょっと中途半端。さつき、つつじの頃に是非訪れてみたいものです。

Img_2612a

Img_2628a

「衣笠山を借景にした」・・・ですが・・・大きな建物が建っていて全く衣笠山が見えませんでした。何故ここまで・・・と残念でなりません。
茶室清漣亭の左に本来なら衣笠山見えるのでしょうが、「ああ~」です。

Img_2640a

すぐ左に接近して建っています。

Img_2641a

Img_2639a

  Img_2637b

方丈は、元和2年(1616)福島正則が建立した妙心寺海福院の方丈を移建したものと伝えられている。方丈南庭です。

Img_2634a

Img_2629a

Img_2635a

霊光殿には尊氏の念持仏といわれる利運地蔵像を安置し、左右壇上には足利各将軍と徳川家康の衣冠等身の木像が安置されています。

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

金閣寺に続いて「龍安寺」に行ったのですがこの時、石庭の油土塀と柿葺屋根の全面葺き替えが行われていた為に拝観せず「鏡容池」の周りだけを散策してきました。

Img_2585a

Img_2590a

|

« 雪の金閣寺 | トップページ | 東福寺 方丈庭園 »

●14 龍安寺 等持院」カテゴリの記事

2 雪の京都」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。♡
等持院の紅葉は、姉と一緒に行った時教えて頂いてから好きで、その後も何度か行きました。
左手の方に(どっちを向いて)○○大学の建物があったような・・・。
お庭を見ながらお抹茶を頂きましたよ~。♪
竜安寺の鏡容池、何と読むのでしょうか? 多分二度三度聞いたと思うんですが、頭に残ってなくて。
この池の周りの紅葉を見た時は感動したものでした。
家に帰って写真を現像してみて又感動、でした。
今それらの写真を見てみると、今よりちょっぴり若い私が・・・。
今のようになるなんて想像だにしなかった自分がいます。
容姿はもちろん、頭が・・・、どうなっちゃうの、私。
って、こんな綺麗な写真を見ながら失礼致しました。

投稿: fmk | 2007/01/25 12:17

鎌倉にも夢想国師の作った庭があり、禅宗庭園の代表と言われていますが私にはあまりぴんときません、こちらのブログの庭園のがいいです、ぽち

投稿: 小池 | 2007/01/25 21:25

★fmkさん こんばんは♪
まだらの雪景色では、ちょっと物足りないからもう一度花の綺麗なときに行かなくてはなりませんが・・・
あ然でした、衣笠山はどこに行ったのでしょうか?景観破壊そのものでした。
鏡容池(きょうようち)って読むようですよ。
竜安寺は石庭に上がらなくても鏡容池だけでも満足できますね。
私はこの頃記念写真を撮ってもらうことがほとんどありません。撮ってもらうのは離れた遠くからだけです。

投稿: りせ | 2007/01/25 23:29

★小池さん こんばんは♪
お久しぶりです。
マダラな雪で庭が今ひとつ分りませんが、花の頃にはさぞ綺麗な趣のある庭園を楽しませていただけるかと。
ポチッ有り難う御座います。ポチッ返しに行かなきゃ。

投稿: りせ | 2007/01/25 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪の金閣寺 | トップページ | 東福寺 方丈庭園 »