« 京のわんこ お散歩 | トップページ | 京の空2 飛行機雲 »

2007/10/03

京の滝めぐり1

     京都にはたくさん滝があります。といっても、お寺や神社の境内に
     あるアレです。今まで風景の一部として写真を撮ってきたのですが、
     後で調べるといろんないわれがあるのですね。あらかじめ知って
     いればもっと感慨があったかも知れないのに、などと反省しながら
     お届けします。

     金閣寺 龍門ノ瀧(4月)
     金閣の北側にあり、滝の中央下で「鯉魚石」が滝登りをしています。
     「登竜門」という言葉の由来となった、滝を登った鯉は龍になるとい
     う中国黄河の竜門の故事を表しています。

     Dsc06183a

     11月

     Imi_3574a

     天龍寺にも龍門の滝があります。
     天龍寺十境 曹源池(5月)
     当時開山窓国師(1339年)の作庭にして右手遠景愛宕山、小倉山、
     正面亀山、左手嵐山を借景した池泉回遊式庭園である。正面三
     段の滝組は龍門の瀧と称する。(鯉魚は天に登って龍となるとの譬
     の如く、登龍門は難関を突破して事を成就するの意)、中国唐宋時
     代の枯墨山水画と州浜形の大和絵風との調和に依る秀れたる庭
     園である。

     Dsc26670a

     Img_7502a

     退蔵院(妙心寺塔頭) 余香苑(6月)
     昭和38年(1963年)から3年の月日を費やして造園家の中根金作
     が作庭した昭和を代表する名園で、大刈込みの間から三段落ち
     の滝が流れ落ち,深山の大滝を見るような風情がある。

     Dsc19018a

     Dsc19015a

     名古會滝跡 大覚寺(7月)
     大沢池は、嵯峨天皇が営んだ離宮嵯峨院の庭園の名残で、中国
     の洞庭湖を模して作られたと伝えられます。池の北東約100mには、
     藤原公任(ふじわらのきんとう)の百人一首(滝の音は、たえて久し
     くなりぬれど、名こそ流れて、なお聞こえけれ)の歌で有名な名古曾
     滝の石組が残っています。

     Imh_1411a

     滝はもうありませんが、伏流水がしみ出て池まで流れています。

     Imh_1408a

     ついでに、滝から大沢池まで続いていた「遣水(やりみず)」について
     平安時代初期には、大きく蛇行しながら滝から池まで続いていた
     素掘りの遣水も、藤原公任が歌に詠んだ頃には滝も涸れ、半ば
     が埋もれてしまいました。そこで伏流水を集めるための方形の石
     組が設けられ、下流部分のみが遣水として再生されます。大沢池
     への注口も景石や玉石を敷いた堰が作られるなど改修されました。
     (石碑から) 下の写真は発掘調査のときのもの

       Imh_1423_yarimizu3

     現在の水の流れは発掘調査にもとづいて再現されたものです。
     源氏物語の舞台ともなった、平安時代の景勝地の面影が、
     1000年の時を越えてよみがえってくるような気がします。

     Imh_1422a 

     いつも見てくださって有り難うございます。

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

|

« 京のわんこ お散歩 | トップページ | 京の空2 飛行機雲 »

9 ○○めぐり」カテゴリの記事

コメント

毎日楽しく拝見させていただいております。 私のブログはまだまだですが頑張っておりますので気が向いた時にでも覗いてください ランキングクリックしておきました!

投稿: 世界一の不動産王 | 2007/10/03 16:15

★世界一の不動産王さん 初めまして♪
コメント有り難うございます。ポチも有り難う御座います。

投稿: りせ | 2007/10/04 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京のわんこ お散歩 | トップページ | 京の空2 飛行機雲 »