« 舞妓さんのいる風景3 時代祭 | トップページ | 舞妓さんのいる風景5 時代祭3 »

2007/10/17

舞妓さんのいる風景4 時代祭2

     時代祭の18列のうち、江戸時代婦人列は、祇園東、宮川町のお茶
     屋組合の舞妓さん、芸妓さんが1年交替で務めます。京都市地域
     女性連合会の皆さんも参列しています。以下の説明は平安神宮の
     HPより。。(注・写真は2006・時代祭)

     和宮(かずのみや)
     仁孝天皇の第8皇女でご祭神孝明天皇の皇妹。将軍家茂の御台所
     となられました。これはお輿入れの前、16歳頃の近世女御装束(十二
     単)で、女嬬(お供の人)たちを従えた宮廷内でのお姿を現したものです。

     Imh_9626a

     Imh_9628a

     蓮月(れんげつ)
     寛政3年生。和歌、文筆にすぐれ、後に尼となり蓮月と称し、風月を
     友とする才女の誉れ高い女性でした。85歳で世を去るまで、歌集
     『海人の刈藻』『蓮月式部二女和歌集』などを著しました。これはそ
     の若き日の面影を偲ぶものです。

     Imh_9629a

     Imh_9629b

     中村内蔵助の妻(なかむらくらのすけのつま)
     享保の頃、京都銀座に巨万の富を築いた内蔵助の妻で、当時婦人
     たちの衣裳比べの会で抜群の誉れを得たという『翁草』の記事により
     考証されたものです。

     Imh_9632a

     玉瀾(ぎょくらん)
     お梶の孫に当る玉瀾は池大雅(いけのたいが)の妻で、女流画家
     として夫とともに南画をよくし、和歌にも秀でた女性でした。

     Imh_9631a
   

     Imh_9630a

     梶(かじ)
     お梶は女流歌人で、元禄・宝永の頃に祗園に茶店を営んでいまし
     た。歌集に『梶の葉』があります。

     Imh_9633a

     吉野太夫(よしのたゆう)
     江戸時代寛永の頃、京六条三筋町の名妓で、後に灰屋紹益(は
     いやしょうえき)の妻となりました。これは芸妓の頃の姿です。

     Imh_9634a

     出雲阿国(いずものおくに)
     出雲大社の巫女で、京都で念仏踊を演じ、歌舞伎の起源をなしまし
     た。弟子を連れた扮装は京都大学、徳川家所蔵品などにより考証
     されたものです。

     Imh_9639a   

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     今日の一枚(善峯寺、11月25日) 善峰寺

     Dsc13477a

|

« 舞妓さんのいる風景3 時代祭 | トップページ | 舞妓さんのいる風景5 時代祭3 »

3' シリーズ 祭りと人物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舞妓さんのいる風景3 時代祭 | トップページ | 舞妓さんのいる風景5 時代祭3 »