« 垣間見る京都3 丸窓 | トップページ | 京のにゃんこ1 »

2007/10/08

立砂・盛砂1

     神社の境内やお寺の庭で、円錐状に盛り上げた砂を見ることが
     あります。いろいろな由来があるようですが、とりあえず、写真を
     整理したものからご紹介します。

     上賀茂神社細殿前(7月) 最も端正な姿をしていると思っていますが、
     その由来からも当然かもしれません。以下は駒札から
     立砂(たちすな) 『たつ』とは神様の御出現に由来した言葉である。
     その昔祭神が最初に降臨になったのは神社の後ろにある円錐型の
     美しい形をした神山(こうやま)である。立砂はこの神山にちなんだ
     もので一種のヒモロギ〔神様が降りられる憑代(よりしろ)である。
     鬼門・裏鬼門にお砂をまき清めるのはこの立砂の信仰が起源であ
     る。つまりお清めのお砂の始まりである。

     Imj_8487a

     Imj_8490a

     先日の賀茂観月祭(9月)のときです。

     Imk_5218a

     興臨院門前(7月) 拝観謝絶(特別公開あり)の大徳寺塔頭です。

     Dsc09129a

     Dsc09130a

     大仙院方丈前庭(7月) 同じく大徳寺塔頭で、奥の木は沙羅双樹、
     砂紋は蓬莱山から流れ落ちた水が川となって合流する様を表して
     いるそうです。

     Dsc09150a

     下御霊神社(3月) 拝殿の前に盛砂があります。由来はよく分り
     ませんが、祀っている八霊のうち上賀茂神社と同じものがあるの
     で、同じような意味かも知れません。

     Imi_8377a

     Imi_8364a

     瑞泉寺(8月) 三条木屋町のビルの合間にある寺です。

     Imj_9994a

     この寺の広くない境内でも盛砂を見つけました。晩年の秀吉に殺害
     された豊臣秀次やその妻、妾、家臣たち49名の菩提を、ひっそりと
     弔っているこの寺の盛砂は、何を意味しているのでしょうか。

     Imk_0034a

     宝楽園(11月) 「仏神岩組雲海流水回遊花庭」というそうですが、
     大原の宝泉院境内にある新しい庭です。

     Imi_1979a

     Imi_2000a

今日もご覧いただき、ありがとうございます。お帰りの際にクリックをして
頂けると嬉しく思います。

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

|

« 垣間見る京都3 丸窓 | トップページ | 京のにゃんこ1 »

2 シリーズ 特定・こだわり風景 1」カテゴリの記事

コメント

 りせさん、こんばんは?おはようございます?
風邪を引き、熱と咳の為、時間感覚がズレています(T_T)
 逆に私はYahoo!Japanのページを観にいって来ました^^;
これってYahoo!Japanのポイントになるのかな?
 瑞泉寺はいつも自動車が門の所に止まっていて、とても入りにくい雰囲気で、一度行ったきりです(T_T)
 宝泉院の新しいお庭・・・まだ行ってないです(T_T)
紅葉の頃、只でさえ混んでいるのに、もっと混みそうな庭園を造られて・・・でも行ってみたい!(^^)!
 私の仏像さまのお寺は、ご推察通りですよ^^;
11月に大祭があるので、その時にでもよろしくお願いしま~すm(__)m

投稿: きこ | 2007/10/09 05:33

★きこさん こんにちは♪
風邪ですか、無理しないで養生してくださいね。Yahooから載せましたって連絡ないからアクセスの異常アップで初めてわかりました。ポイントって、クリックぐらいじゃ全然貯まらないのじゃないかなあ。
大徳寺の境内って至る所に車が停まっているから、撮れないことがあって残念な時あります。
宝泉院の新しいお庭って、受付の後あたりが入り口で、見過ごしそうです。谷間にある感じです。紅葉のころに名所に出かけるのは勇気が要りますよ。
広隆寺・・・紅葉の頃に出かけてみます。康うご期待。

投稿: りせ | 2007/10/09 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 垣間見る京都3 丸窓 | トップページ | 京のにゃんこ1 »