« 反射する京都2 街灯 | トップページ | 神主・巫女さんがいる風景4 »

2007/11/17

京の滝めぐり5 修行の滝

     京の滝めぐりの5回目は修行の滝です。いずれも山の水を導水している
     人工的な「打たせ」ですが、それぞれ修行に使われていたようです。

     巖門の瀧(岩戸の瀧・常富光出の瀧)、岩戸妙見宮(光悦寺の前)
     当山の裏山約六百メート米の地に巌門(石門)と呼ばれる霊巌がある。
     この地に霊水があり、霊巌の下に名瀧が存していた。開山日任上人、
     その聖水を当山に導き『巌門の瀧』を開き、爾来尊厳極まりのない神秘
     なるお瀧として、代々にわたって真摯なる修行者、不思議の利益を被る。

     Imh_8308a

     近年、荒廃していたが妙見宮神前のお池とともに、大修理をした。
     なお、入瀧修行者は必ず住職の許可を得ること(駒札より)。

     Imh_8311a

     醍醐寺 不動の滝
     修行の滝の多くは「不動の滝」と呼ばれたり、不動明王(密教の根本
     尊の大日如来の化身)をおまつりしています。この滝は醍醐寺の南東
     の女人堂から上醍醐寺に登る参道の途中にあります。滝の前に不動
     明王のお堂が立てられています。

     Imh_1623a

      Imh_1609a

     常寂光寺 この滝の名前や由緒は分かりませんでしたが、滝口
     の様子からやはり「修行の滝」であると思われます。

     Imj_6341a

     Imj_6340a

     山科聖天(双林院) 不動の滝
     境内の奥にあり、滝口に不動明王をおまつりしています。ちなみ聖天
     さんは、十一面観音と大日如来の化身といわれています。

       Imj_3322a

     Imj_3321a 

     鞍馬寺 魔王の滝
     鬼一法眼は牛若丸に「六韜三略」の兵法を授けた武芸の達人といわれ
     ていますが、その鬼一法眼社の横に魔王の滝があります。この一帯は
     牛若丸の修行の地といわれています。

       Imj_3768a

     崖の上の社には魔王尊石像が収められてます。現在は、落石の
     危険のため、近寄らないようにという注意書きがあります。

     Dsc13177a

     狸谷不動院 宮本武蔵修行の滝 右の社の奥にあります。

     Imj_1934a

     慶長9年(1605)時の剣豪宮本武蔵が吉岡清十郎一門数十人を迎えて、
     山麓「下り松」で決闘を約した。生死の関頭に立たされた時、このお滝に
     うたれ修行熟祷の末、武蔵はついに不動尊の右手に持する、降魔の利
     剣の極意を感得した。

        Imj_1901a

     敵への憎悪ではなく、己れの恐怖、煩悩に打ち克った事を悟ったの
     である。自信を得た武蔵は、悠然と山を下り吉岡一門を一撃のもとに
     たおした。現在は、沐浴はできないが、己の煩悩を洗い浄めるお滝
     である。身、口、意を浄化して、不動の活力を授かろう(駒札より)。

     Imj_1900a               

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     今日の一枚(鞍馬 由岐神社、11月23日)

     Dsc13182a

|

« 反射する京都2 街灯 | トップページ | 神主・巫女さんがいる風景4 »

9 ○○めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 反射する京都2 街灯 | トップページ | 神主・巫女さんがいる風景4 »