« 大文字山の朝焼 | トップページ | 祭と子供たち 葵祭 »

2007/11/21

祭と子供たち 斎王代御禊の儀

     三大祭をはじめとする京都の祭では、子供たちが大事な役割を演じて
     います。そんな子供たちに注目するのも、祭の楽しみ方のひとつかも
     知れません。今日は斎王代御禊の儀です。

     葵祭(5月15日)を前に、ヒロインの斎王代が身を清める御禊(みそぎ)
     の儀が5月4日に行われます。上賀茂神社と下鴨神社で一年交代で
     行われ、写真は昨年の上賀茂神社のものです。

     童女(わらわめ)に扮した子供たちが斎王代を待っています。

     Dsc25573a

     Dsc25578a

     斎王代に付き添って、一の鳥居から参道を進みます。

     Dsc25585a

     この間、邦楽が奏でられています。

     Dsc25590a

     Dsc25592a

     橋殿で神職の祝詞と清めの儀があります。

     Dsc25646a

     斎王代と童女たちだけが御手洗川に降りて、御禊を行います。

     Dsc25675a

     もう一度橋殿に戻ります。

     Dsc25686a

     女人たちが順次形代(人形)でお祓いをするので、時間がかかります。

     Dsc25691a

     Dsc25702b

     Dsc25723a

     最後に本殿に遥拝して退きます。

     Dsc25733a            

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     今日の一枚(上賀茂社家・西村家別邸、11月12日少し遅れました)

     Imi_1692b

|

« 大文字山の朝焼 | トップページ | 祭と子供たち 葵祭 »

3' シリーズ 祭りと人物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大文字山の朝焼 | トップページ | 祭と子供たち 葵祭 »