« 京の眺望2 金福寺 | トップページ | 垣間見る京都8 連子窓 »

2007/12/20

京の名水2 伏見の銘酒

     今日は、酒造りに使われている水を紹介します。北山や桃山丘陵
     に降った雨水は伏流水となり、伏見に集まります。伏見はかって
     伏水ともいわれ、この地下水を利用して伏見の銘酒が生まれました。

     黄桜のカッパカントリー

     Dsc_5982a

     なつかしいカッパのCMや酒造りの歴史を展示した資料館です。隣接の
     レストランでは伏水で仕込んだ地ビールや黄桜のお酒が飲めます。

     Dsc28364a

     伏水(ふしみず)、中庭にあります。

     Dsc28361a

     神聖の酒蔵の中にある鳥せい、日本酒に合う鳥料理がおいしい。

     Dsc71368a

     待合で白菊水が飲めます。

       Dsc71351a

     白菊水は店の横にあります。

     Img_5724a

     月桂冠大倉記念館

     Img_5346a

     酒造りや日本酒の歴史を紹介しており、ロビーで試飲も。

     Img_5351a

     さかみづ、中庭にあります。

     Img_5356a

     伏見夢百衆、月桂冠株式会社の旧本店社屋を利用して、伏見の清
     酒全銘柄約100種を販売。喫茶にはお酒の仕込み水でたてた水出し
     コーヒー・紅茶もあります。伏見の観光パンフレットも手に入ります。

     Img_5392a

     実は、もう一つ有名な酒造りの水があるそうで、まだ行っていません。
     代わりに、近くの大手筋横の伏見トレビの水。何故「トレビ」なのかは
     知りませんが、近所の人がいつも利用しているようです。

     Imh_7589b

     Imh_7587a

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     Dsc71379a

|

« 京の眺望2 金福寺 | トップページ | 垣間見る京都8 連子窓 »

9' 名水めぐり 」カテゴリの記事

コメント

伏見を訪れた時はそぼふる雨が冷たくて・・そうそう2月も終わりだというのに雪がちらつく程寒かった年でした・・想い出します。御香宮神社へも震えながら行きました。

こないだ9日に上洛した時はポカポカ暖かくて。
因みに、二条寺町辺りの銀杏は緑も見えましたよ。

投稿: おけい | 2007/12/20 23:55

同じ処も写真の写し方で素敵ですネ。
眼の付け所が、気付かず此方を見せて貰い
良い勉強させて貰いました。。
ありがとうございました。

投稿: 美京 | 2007/12/21 05:46

★おけいさん こんにちは♪
節分の頃が一番寒いから、これから徐々に「底冷えに~!」おおサブです。
葉っぱが残ってると街に彩りがあっていいですね。

投稿: りせ | 2007/12/21 09:37

★美京さん こんにちは♪
いや~「毎回同じアングルではナンだし」と思う今日この頃です。いいのか悪いのか?

投稿: りせ | 2007/12/21 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京の眺望2 金福寺 | トップページ | 垣間見る京都8 連子窓 »