« 火の用心 | トップページ | 京の夕空5 1月 »

2008/01/29

京の眺望6 法輪寺

     嵐山渡月橋から山の方を見ると、正面に見える寺が法輪寺です。この
     橋は、平安時代には法輪寺への参詣路として使われていたため、法輪
     寺橋といわれていたそうです。法輪寺からは市内全体が見渡せます。

       Imi_8780b

     法輪寺のHPから
     虚空蔵法輪寺は京都西山・名勝嵐山の中腹にあり、『十三まいり』の
     お寺として知られています。

     Imi_8837a

     本尊虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)は嵯峨の虚空蔵さんとして古くから
     親しまれており、今昔物語・枕草子・平家物語などに記述され、智恵・
     福徳・技芸上達そして丑寅年生の護本尊の仏様として知られています。

     Imi_8886a

     また、『針供養』『漆祖神』のお寺として全国から信仰を集めております。

     Imi_8887a

     また、境内には電気・電波を守護する鎮守社『電電宮』が祭祀されて
     います。(向こうには左から、比良山、比叡山、大文字山が見えます)

     Imi_8888a

     春の新緑の季節には、虚空蔵様の恵を得ようと参詣する十三参りの
     男女で境内は賑わいます。(手前は宝が池あたりの山)

     Imi_8903b

     今昔物語集には、虚空蔵菩薩が女に化けて、遊び好きの若い僧侶を
     色仕掛けで仏道の道に導いたという「比叡の山の僧、虚空蔵の助けに
     依りて智を得たる語」があります。(大文字山)

     Dsc44378b

     眺望シリーズの清閑寺で紹介した能「小督」にも法輪寺が登場します。
     (天龍寺方面)

     Dsc44380a

     平清盛から逃れて嵯峨野に隠れる小督を、高倉天皇の使いの仲国が、
     探し出すくだりです。法輪寺まできたときに川の向こうから琴の音がする
     ので、仲国は引き返して車折神社の前の琴聴橋でそのしらべに聞き入った
     ということです。(対岸の左に車折神社の門が見えます)

     Dsc44383b

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     Imi_8906a

|

« 火の用心 | トップページ | 京の夕空5 1月 »

1 こだわり風景2 (2008)」カテゴリの記事

コメント

 今晩は、眺めのいいお寺ですね。十三歳でなくても知恵を授けて貰いに行きたいです。桜の木ですか?咲いたら綺麗でしょうね。嵐山の山の桜の木がぽつぽつと咲いているのを見るのが好きです。川の両側の桜の花と合わせて見ると、華やかな風景ですね。

投稿: shimasi | 2008/01/30 00:11

★shimasiさん こんばんは♪
眺めが良くって、広々してます。桜もありますが梅もたくさんありました。対岸の天龍寺の方面は人が多いけれどここは少ないですよ。
私は十三参りに行きましたけれど、もう一度智恵を授けてもらった方が良いかもです。

投稿: りせ | 2008/01/30 02:29

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/grrfea/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008/01/31 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 火の用心 | トップページ | 京の夕空5 1月 »