« たそがれ京都 岡崎疎水 | トップページ | 反射する京都6 床 »

2008/02/06

狛犬 貴船神社奥宮

     観光客でにぎわう貴船神社本宮から、川に沿って上流に向かうと、結社
     (中宮)、そして奥宮(おくみや)があります。昔はここが本宮だったそう
     ですが、鬱蒼とした大木に囲まれて今は訪れる人もあまりありません。
     今日は奥宮の狛犬に会いに行きます。

     奥宮参道、向こうに神門が見えます。

     Imj_4129a_5

     地形からでしょうか、拝殿と本殿の位置は門の正面ではありません。

     Imj_4140a

     狛犬は拝殿の前にいました。

     Imj_4141a

     ところで、狛犬とはそもそも何でしょうか?
     狛犬とは、犬に似た想像上の獣の像である。神社や寺院の入口の両脇、
     あるいは本殿・本堂の正面左右などに1対で置かれている。なお、厳密に
     は「獅子・狛犬」と呼ぶのが正しいとされている。(Wikipediaから)

     Imj_4143a

     一般的には、向かって右側の像は「阿形(あぎょう)」で、角はなく口は
     開いている。そして、向かって左側の像は「吽形(うんぎょう)」で、1本の
     角があり口を閉じている。

     Imj_4145a_3

     両方の像を合わせて「狛犬」と称することが多いが、厳密には、角のない
     方の像を「獅子」、角のある方の像を「狛犬」と言い、1対で「獅子狛犬」
     と称するのが正しいとされている。     

     Imj_4144a

     昭和時代以降に作られた物は、左右共に角が無い物が多い。これらは
     本来は「獅子」と呼ぶべきものである。

     Imj_4162a

     ということだそうです。
     寺社に行って必ず写真を撮ることにしている狛犬ですが、写真の整理が
     追いつきません。ぼちぼち紹介していこうと思います。

     Imj_4148a

     Imj_4147a

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     Imj_4172a    

|

« たそがれ京都 岡崎疎水 | トップページ | 反射する京都6 床 »

1 こだわり風景2 (2008)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たそがれ京都 岡崎疎水 | トップページ | 反射する京都6 床 »