« 狛狐 伏見稲荷大社 | トップページ | 京の空 冬空 »

2008/02/26

赤の宮神社 (賀茂波爾神社)

     高野橋から北東に10分ほど歩いたところに赤の宮神社があります。
     街中の小さな神社という風情ですがそれなりの由緒があり、ときには
     賑わいを見せることもあります。

     賀茂波爾(かもはに)神社 下鴨神社の境外摂社で別名赤の宮神社
     御祭神の波邇安日子神、波邇安日女神は天照皇大神の御弟神で大地
     を守護し、万物の生成発展、殖産興業をはじめ方除、災難除、疫病、
     厄除け等多方面に亘っての御神徳を備えられている。

     Imj_2288a

     創建の年代は不詳であるが、延喜式神名帳に「賀茂波邇神社二座」と
     ある社で延喜年間(901-922)以前からこの地に山城平野の総鎮守神と
     して奉祭された。

     Imj_2290a

     現在の社名は賀茂御祖神社第4摂社賀茂波邇神社であるが、明治
     10年3月に官幣大社賀茂御祖神社の摂社に加列し、それ以前は村社
     波邇神社といい、単に赤の宮とも呼ばれていた。

     Imj_2291a

     Imj_2293a

     赤の宮と呼ばれている理由は、稲荷神や迦遇突智神とが併せ祀られて
     いたからといわれている。稲荷の神を祀る社は社殿を朱に染めるところ
     から、当神社も古くは丹塗りであり、江戸時代にはすでに赤の宮稲荷大
     明神と呼ばれていたというわけです。

     Imj_2296a

     一方、当神社の祭神を西泥部、土師などが祖先神と仰ぐところから、
     赤土の宮が赤の宮となったとする説もある。ちなみに、波爾は埴輪
     の埴の意味で、土を表す。

     Imj_2298a

     当神社の鎮座地は高野川の畔であるところから、度々河川の氾濫に
     より社殿は流失し、田畑は荒廃を極めた。

     Imj_2301a_3

     寛文11年(1661)頃、修学寺(修学院)に御本屋、離宮が造営され、その
     御幸路に接し、また同じ頃高野川流域の新田開発が成功して以来急速
     に発展した。波邇井は地元の方が水を汲みに来ます。

     Imj_2294a

     5月12日は賀茂波爾神社の例祭で、下賀茂神社の御陰祭とも重なり、
     この日だけは賑わいを見せます。

     Dsc47908a

     御陰祭は葵祭りに先駆けて神霊を下鴨神社に迎える神事で、早朝に
     祭官たちが下鴨神社を出発して八瀬御蔭神社に向かいます。八瀬御
     蔭神社で神移しが行われたあと、神様とともに赤の宮神社に立ち寄り、
     休憩や儀式があります。その後、下鴨神社南参道までを巡行します。
     写真はその後で出発する子供みこし、近所を練り歩きます。

     Dsc47882a

     Dsc47899a

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     Imj_2289a 

|

« 狛狐 伏見稲荷大社 | トップページ | 京の空 冬空 »

●23 下鴨神社 四季」カテゴリの記事

コメント

素敵にとれてる写真ですね。

僕は、京都の町をいろいろ散策したこと無いのでこういう写真見せていただくといい所一杯あるんだなぁーって思います。

仕事の合間のオフ時間に癒させていただきました。^^

ランキングポチっとしておきますねー^^

投稿: 長谷川 | 2008/02/27 14:26

★長谷川さん 初めまして♪
コメント有り難うございます。
今日の記事は地域の小さな神社ですが、京都の色んなお寺をブログで見て回って下さいね。これからも宜しく。
ランキング・ポチッ有り難うございます。

投稿: りせ | 2008/02/28 02:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狛狐 伏見稲荷大社 | トップページ | 京の空 冬空 »