2 シリーズ 特定・こだわり風景 1

2008/01/23

供養塚

     大事にしていた物、日頃お世話になっているものに感謝して、供養する
     ために、いろいろな塚があります。写真を整理していて見つかったもの
     を紹介します。人の墓ではありませんのであしからず。

     亀塚・鯉塚 神泉苑 (池で飼っていた鯉と亀の霊をともらうためとか)

     Dsc10891a

     虫塚 化野念仏寺 (どのような虫か分かりませんが、念仏寺らしい)

     Dsc11962a

     花塚 北白川天満宮 (白川女発祥の地)

     Dsc73240a

     扇塚 五条大橋 (扇の発祥地)

     Imi_7432a

     扇塚 誓願寺  (芸道上達を祈願)

     Dsc61304a

     厄塚 吉田神社 (節分祭のときに大元宮につくられ、触れることに
     よって参拝者の厄を落としてくれる吉田神社特有の厄除け法)

     Imi_7123a

     久志塚 安井金毘羅宮 (古い櫛や傷んだ櫛の供養)

     Imj_0775b

     爪塚 大徳寺黄梅院 (お琴の爪です)

     Imk_9679a

     筆塚 東福寺塔頭天得院 (廃筆、ペン、鉛筆などの供養) 

     Dsc11775a

     文塚 随心院 (小町に寄せられた千束の文を埋めたものとか)
     残念ながら、写真がありません。

     Dsc43857a

     おび塚 吉野太夫ゆかりの常照寺 (女性の心の象徴“帯”に感謝) 

     Imi_3081a   

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     Imi_3081b

| | コメント (0)

2008/01/17

蓑と笠

     京都を歩いていて以前から気になっていたものに、蓑と笠があります。
     庵のような建物の外壁に笠や蓑が掛けてあるのを見かけます。不意の
     雨のときに訪れた客に使ってもらうということではないかと想像していま
     すが、本当のことは分かりません。

     落柿舎

     Imh_6555a

     Imh_6563a

     五百羅漢で有名な石峰寺

     Dsc71609a

     Dsc71822a

     ねねの道 これはお店の飾りです。

     Dsc11644a

     常照寺

     Imh_7844a

     毘沙門堂

     Imj_3197a

     Imj_3266a

     野仏庵 

     Imk_7362a

     Imk_7393a

     三条京阪モール街の内庭KYOEN、日本庭園のオブジェがあります。

     Imj_9942a

今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     Imj_9921a

| | コメント (2)

2008/01/15

魔尼車と輪蔵

     それほど多くないのですが、寺院の境内で回転できる車輪のような
     ものを見ることがあります。マニ車と呼ばれるものです。以下の説明
     はWikipediaからです。

     マニ車(マニぐるま、魔尼車)とは、チベット仏教で用いられる宗教用具
     である。チベット語ではマニコロ(ma Ni 'khor lo)と呼び、転経器(てんき
     ょうき)とも呼ばれる。(高台寺)

     Imj_1278a

     マニ車は円筒形で、側面にはマントラが刻まれており、内部には経文が
     納められている。大きさは様々で、手に持てる大きさのものがあれば、
     寺院などでは数十センチ、大きいものでは数メートルにも及ぶマニ車が
     設置されている。マニ車を右回りに回転させると、回転させた数だけ経
     を唱えるのと同じ功徳があるとされている。

     Imj_1280a

     新京極にある和泉式部ゆかりの誠心院に「鈴成り輪」があります。

     Dsc61310a

     この形のものもマニ車と呼ばれています。

     Dsc61309a

     東寺

     Imj_2847a

     釘抜地蔵で知られている石像寺(しゃくぞうじ)の参道にもあります。

     Imi_6721a

     向こうに見えるのは寄進された釘抜です。

     Imi_6767a

     本殿の前にはこのような輪蔵とよばれるものもあります。

     輪蔵(りんぞう)とは、仏教の寺院内等に設けられる経蔵の一種で、
     転輪蔵ともよばれる。

     Imi_6731a

     その起源は、中国南朝梁の傅大士によるものと伝えられており、輪蔵
     の正面には、傅大士とその二子による三尊像が奉安されている。
     (清涼寺の本堂右にある一切経堂、中に輪蔵があります)

     Imk_6720a

     経蔵の中央に、中心軸に沿って回転させることが可能な八面等に貼り
     合わせた形の書架を設け、そこに大蔵経を収納した形式のものである
     (回転式書架)。一般には、この経蔵を回転させると、それだけで経典を
     読誦したのと同等の御利益が得られるものと信じらている。

     Imk_6722a

     マニ車も輪蔵も、願いを込めて回さなければご利益がないのでしょう。
     あまり信仰心がない私でも、何かの作業をしながら念ずるということは、
     少しは真摯な気持ちになるかも知れません。
     知恩院と西本願寺にも輪蔵があるそうですが、まだ見ていません。

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     Imj_3048a

| | コメント (0)

2007/12/06

船が浮かぶ京都4 乗船場

     川や池の船にも船乗り場があります。船が並んでいるだけといわれる
     かも知れませんが、何か情緒を感じるときもあります。

     広沢池

     Imh_6138a

     Imh_6137a

     大沢池、行事や祭りのときだけ使います。

     Imk_7602a

     宝が池

     Imj_9687a

     Imj_9729a

     宇治川、右の建物です。

     Dsc18005a

     Dsc18002a

     岡崎疎水

     Dsc24715a

     嵐山

     Dsc24626a

     Dsc73957a

     こちらは渡月小橋   

     Imi_8802a

     伏見濠川 十石船

     Img_5341a

     十石船で三栖閘門へ こちらを見てね

     Img_5505a

     Img_5508a

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     Img_5457a

| | コメント (2)

2007/11/19

船が浮かぶ京都3 池の舟

     京都の大きな池には舟が浮かんでいます。今日はそんな風景です。

     大沢池(7月)
     このあたりは、滝のシリーズで紹介したように平安時代の庭園跡です。

     Imh_1399a

     前には蓮が群生しています。

     Imh_1442a

     4月の初めです。舟は大覚寺のお祭りに使うのでしょうか。

     Dsc24649a

     宝が池(8月)

     Imj_9652a

     向こうに国立京都国際会館と比叡山が見えています。

     Imj_9655a

     学生時代に乗ったような気もしますが・・・。

     Imj_9623a

     広沢池(9月)

     Imh_6147a

     右手に五山送り火の鳥居形が見えます。舟は漁船のようです。

     Imh_6114a

     今なら紅葉になっているのでしょうね。

     Imh_6145a

     Imh_6122b 

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     今日の一枚(光悦寺、11月25日)

     Dsc41411a

| | コメント (2)

2007/11/14

船が浮かぶ京都2 高瀬舟

     高瀬川の押小路あたりに舟が浮かんでいます。高瀬川が舟運の役目を
     果たしていた頃の遺跡ですが、詳しい説明は駒札に任せます。

     Img_8616a

     「高瀬川一之船入」
     川の西方の堀割を一之船入という。高瀬川は慶長16年(1611)角倉頃
     了以が開いた運河でここを通行する高瀬舟の荷物のあげおろしをする
     船溜所を船入といった。角倉氏は保津峡の開発等数々の土木工事に成功
     しており、京都の中心部に物資を運びいれるためこの川を開いたもので、
     このあたりを起点として鴨川の水をとり入れ鴨川に平行して十条まで南下し、
     さらに鴨川を横断して伏見に通じていた。

     Img_8617a

     底が平たく舷側の高い高瀬舟が盛時には百数十艘が上下し、大阪
     などの物資を運びいれた。木屋町筋には「木屋町」という町名の由来と
     なった材木屋をはじめ多くの問屋が立ち並んで賑わい、船入はこの
     一之船入をはじめ数箇所に設けられた。

     Img_8619a

     明治以後高瀬川は舟運の目的を失ったが、両岸に柳を植えた景観は
     京都の情緒の大きな要素となっている。一之船入は江戸時代の交通
     運輸の貴重な遺跡として史跡に指定されている。

     Img_8618a

     高瀬川一之船入の跡です。舟に気を取られて見落とさないでね。

     Img_8623a

     「舟入の灯影に明るく春の雪」(那須乙郎)の句碑があります。

     Dsc16552a

     Dsc16551a

     木屋町通りを少し上がったところに角倉了以の別邸跡があり、現在は
     料理屋の「がんこ二条苑」となっています。

     Img_8629a

     この日は梅雨がまだ明けていない7月の初めでした。

     Img_8609a_2

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     今日の一枚(勝持寺、12月2日)

     Imi_4233a

| | コメント (2)

2007/11/13

船が浮かぶ京都1 屋形船

     京都の川や池にも船が浮かびます。今日は屋形船がある風景です。

     岡崎疎水 桜の時期だけです。

     Dsc24781a

     Img_4825a

     Dsc24807a

     伏見の十石舟です。(今年は4月1日~12月2日運航)

     Img_5456a

     Img_5523a

     Img_5337a

     宇治川

     Dsc17998a

     Dsc18003a

     Imh_9077b

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。お帰りの際には↓をよろしく!

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     今日の一枚(宝厳院、12月4日)

     Dsc13887a  

| | コメント (0)

2007/11/04

人力車がある風景3

     昨日見たテレビのクイズ番組で、「世界で初めて旅行代理店を開いた
     トーマス・クックが日本で買ったお土産は?」というのがありました。
     人力車にこだわっていていいのだろうか? と少し不安でしたが、世界
     に自慢できる乗り物とのことで、このシリーズ3回目です。
     人力車を見ると、自分がお客になったような、同じ場所でも新鮮な気分
     になるのです。

     嵐山羅漢(12月)

     Dsc13904a

     嵐山 渡月橋(5月)

     Img_7043a

     嵯峨野竹林(5月)

     Img_7598a

     落柿舎(5月)

     Img_7646a

     清凉寺(7月)  清涼寺 

     Imj_6692a

     清水坂(6月)

     Dsc07762a

     祇園閣(9月)

     Dsc71473a

     南禅寺三門(9月)

     Imh_4975a

     3月、東山花灯路の日

     Img_3686a

     哲学の道(5月)

     Dsc26579a

     11月

     Dsc13043a         

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     今日の一枚(哲学の道、11月13日)

     Dsc00931a

| | コメント (0)

2007/10/31

北山ハロウィン

     北山通を歩いていて偶然ハロウィンの行列に出会いました。「北山ハロ
     ウィン」です。

     Dsc74229a

     Dsc74231a

     今年で10年目だそうです。

     Dsc74228a

     Dsc74235a

     仮装パレードは一般に募集していて、ハロウィンの仮装だけでなく

     Dsc74237a

     アニメキャラや犬の仮装もOKだそうです。残念、ワンちゃん見逃した!    

     Dsc74238a

     植物園の北門前の広場に、出店やハロウィンのカボチャが並んでい
     ました。祭りの本部です。

     Dsc74243a

     Dsc74254a

     Dsc74250a

     少しおしゃれな北山通には、ハロウィンがあっても違和感はあり
     ませんでした。

     Dsc74253a

     北山通の街路樹も少し色づいてきました。

     Dsc74258a         

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     今日の一枚(法然院 12月6日)

     Hounenin13a

| | コメント (0)

2007/10/22

立砂・盛砂3 銀沙灘と向月台

     今日は銀閣寺の銀沙灘(きんしゃだん)と向月台です。まずは、
     6月と12月雪の日の写真から(他の写真も同じ)。向こうの建物が
     銀閣(観音殿)です。

     Dsc08023a

     銀閣寺のHPの説明を見てみましょう。
     「方丈前には白砂を段形に盛り上げた銀沙灘や円錐台形の向月台
     があります。銀沙灘は月の光を反射させるためとか

     Img_2481a

     向月台はこの上に坐って東山に昇る月を待ったものだとかの俗説
     がありますが、

     Dsc08026a

     Img_2426a

     これら二つの砂盛りも室町時代まではとうてい溯り得ず、近世以後
     の発想ではないかと思われます。しかしこのような奇想天外な行き
     方は独創的で他に例がないでしょう。」

     Dsc08006a

     要するに、何のためなのかはっきり書いていません。ちなみに、
     灘とは、大海原を意味し中国の西湖を模しているとのことです。

     Dsc08006b

     砂は、比叡山の一画から採れる白川砂とよばれ、花崗岩が風化し
     たものです。京都の寺社の庭や立砂に使われています。上の写真
     をよく見ると2種類の砂を交互に盛ってあるようです。
     
     Dsc22840a

     Img_2465b

     横から見ても2種類の砂の層になっています。白いのは雪。

     Dsc22836a

     ところで、慈照寺の観音殿が銀閣と呼ばれるようになったのは、江戸
     時代に銀沙灘が造られた後だそうです。詳しい経緯は諸説ありますが、
     「銀閣寺」という名がこの銀沙灘と関係があることは確かなようです。

     Dsc07992a

     オマケに、ライブカメラで偶然見つけた向月台の補修風景(2月)です。

            Hugesize_2a

     今日もご覧いただき、ありがとうございました。

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

     今日の一枚(勝持寺 12月2日)

     Dsc42144a

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1 こだわり風景2 (2008) | 1 こだわり風景1 (2007) | 2 シリーズ 特定・こだわり風景 1 | 2' シリーズ こだわり人物 1 | 3 シリーズ 季節・・・空 花 | 3' シリーズ 祭りと人物 | 4 街で見かけた面白いもの | 5 垣間見るシリーズ 1 | 5'反射するシリーズ 1 | 6 動物シリーズ 1 | 8 格言 名言 1 | 9 ○○めぐり | 9 老舗 茶店 屋台 | 9' 名水めぐり  | ■■ ごあいさつ ■■ | ■■ バックナンバー タイトル一覧 ■■ | ■■ 空・動物たち  NO 1 ■■  | ■ 京都の眺望 ■ | ■散策・00 京都駅 壬生 島原 界隈 | ■散策・02 ◆博物館~豊国神社~六波羅蜜寺 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・05 清水寺の四季 | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路~八坂神社 | ■散策・07' 三条 四条通 五条界隈 | ■散策・07 祇園白川(夜桜も) 柳の白川他 | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・10 平安神宮 四季 | ■散策・11 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・13 東大路通 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 吉田山 寺院他  | ■散策・18 大文字山 五山送り火 | ■散策・19 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・20 大原 八瀬 | ■散策・21 蓮華寺 岩倉 修学院  | ■散策・22 鷹峯 円通寺 正伝寺他 | ■散策・23 比叡山と延暦寺 | ■散策・24 鞍馬山~貴船神社 | ■散策・25 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・26 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・27 嵐山 渡月橋 太秦 | ■散策・28 嵯峨野 竹林の道 鳥居本 | ■散策・29 高雄 槙尾 栂尾 周山 (紅葉も) | ■散策・30 松尾大社 梅宮大社 他 | ■散策・31 伏見 酒蔵 御香宮 十石舟 | ■散策・32 宇治 平等院 他 | ■散策・33 山科 醍醐寺 他 | ■散策・34 大山崎 大原野 西山(紅葉も) | ■散策・35 西陣 他市中の寺院 | ■散策・36 府下 石清水 岩船寺 他 | ■散策・37 ◆東山・花灯路 2005 | ■散策・38 ◆東山・花灯路 2006 | ■散策・39 ◆嵐山・花灯路 2006 | □0 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野  | □2 【桜】 御所 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い 1 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い 2 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い 3 | □4 【紅葉】 吉田山 東山   | □5 【紅葉】 大原 三千院他 古知谷 | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 西山も入ってます | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓  | □8 【紅葉】 鷹ヶ峰 円通寺 光悦寺他 | □9 【雪】 雪の日の京都めぐり | □【イベント情報 ライブカメラ】 | □【ライトアップ行事 京の夜の祭り 】 | □【京都三大祭】 葵祭 祇園祭 時代祭 | ▼重森三玲の庭 | ● 1 京都御苑 | ● 2 京都御所 仙洞御所 | ● 4 桂離宮 修学院離宮 | ● 6 南禅寺・ 南禅寺塔頭 水路閣 | ● 7 天龍寺・ 塔頭 | ● 8 相国寺 | ● 9 建仁寺 | ●10 東福寺・ 塔頭 | ●11 大徳寺・ 大仙院など塔頭 | ●12 妙心寺・ 退蔵院など塔頭 | ●13 泉涌寺 界隈 | ●14 龍安寺 等持院 | ●15 大覚寺 大沢の池 | ●16 御室 仁和寺 | ●19 二条城と近辺 | ●20 東本願寺 西本願寺 | ●21 伏見稲荷大社 | ●22 宇治・黄檗山 萬福寺 | ●23 下鴨神社 四季 | ●24 京都十六社めぐり | ●26 都七福神めぐり | ●知恩院 | ●金閣寺 | ●銀閣寺 | ●青蓮院門跡 | ★ 手作り市 | ★ つれづれ日記 | ★その他 | ★京都の大学 | ★京都の山を歩く | ★植物園 花だより | 京の川 2 | 京の食事処 | 京都駅南方面 | 伏見 城南宮 | 先取り写真館 | 北野天満宮 上七軒 | 御所 界隈 梨の木神社他 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 時代祭 | 智積院 | 桜 特集 1 | 法然院の四季 | 特集 | 石峰寺 (伊藤若冲 五百羅漢) | 祇園祭 | 紅葉 特集 1 | 紅葉 西山 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 新緑 青もみじ | 花の京都 春 1 | 花の京都 秋 1 | 葵祭 | 行事・お祭り | 車窓から | 雪景色 特集 1 | 1 嵯峨野 広沢の池 | 2 三大祭 | 2 三尾 | 2 京大・界隈 | 2 伏見 | 2 大原  | 2 嵯峨野 鳥居本 | 2 雪の京都 | 2 鷹峯 円通寺 正伝寺他