■散策・30 松尾大社 梅宮大社 他

2006/10/08

華厳禅寺は鈴虫寺

Imh_7073a

「鈴虫寺」の名前で知られる、妙徳山・華厳寺(みょうとくざんけごんじ)
松尾大社から歩いて10-15分くらいの所にあります。
秋だけでなく、一年中鈴虫の音色が聞こえる境内です。

Imh_7126a

そろそろ4時です、少し辺鄙な場所のお寺だから人はいないだろうな~と思って入りました。(近くの有名な苔寺が今は一般拝観出来ませんし)

Imh_7117a

それが何と、通された「鈴虫」のいるお堂は5ー60人の人でギッシリ。
じっくりお話を聞く余裕の無い私達は、誰もいない庭に出ました。

Imh_7101a

そんなには広くないお庭でしたが、手入れが行き届いており、自然が凝縮されているようでした。

Imh_7062a 

Imh_7060a

Imh_7049a

Imh_7070a_1

Imh_7057a

写真をいっぱい撮って戻ってくると、ちょうどお話が終わったよう。

Imh_7071a

お話を聞いておられた全員が細い道の庭園を一周して、最後に門を出たところの「幸福地蔵」さんにお願い事を・・・長~い行列になりました。

Imh_7094a

若い人々が必死に願い事をしており、こちらの方がお目当てだったようです。

Imh_7107a

4時半の閉門時間も近いのに、拝観の入り口には大勢の人が並んでいました。

Imh_7119a

何も予備知識の無いまま、もっとひっそりとしたお寺を想像していましたが、鈴虫寺は観光名所になっていました。

Imh_7069c

時間が無いので、お坊さんの有難いお話も聞かず、鈴虫も見ずに、お庭を一周して出てきました。その後、帰り道で見かけて初めて訪れたところは、300円も払ったことが恥かしくて紹介できません。それは、苔寺バス停の角にあります。

Imh_7120a

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

参道下の門前の茶店

Imh_7125a_1

| | コメント (8)

2006/10/07

松尾大社 Ⅱ 永遠のモダンの庭

Imh_6974a

松尾大社の「松風苑」は、昭和50年(1975)に昭和を代表する作庭家、重森三玲(しげもりみれい)の設計によって作庭されたもので、彼の絶作でもある。
三庭からなり用いられた200余個の石は徳島県吉野川の青石(緑泥片岩)です。

重森三玲(1896-1975)の代表作は「東福寺」方丈庭園、開山堂庭園、東福寺塔頭の霊雲院、芬陀院、龍吟庵、光明院。大徳寺塔頭の瑞峯院。松尾大社庭園。
重森三玲邸を訪ねたブログ「モダン山水の庭」はこちら(写真追加)。 (シャープのCM・アクオスで有名になりました) 重森三玲、及び重森三玲邸に付いてはこちら

「曲水の庭」(平安風)
松尾大社の最も栄えた平安期を表現、お手洗川の清水は七曲がりして丘麓を洗い、丘上には青石が点在してこれを見下ろす。
曲水の水、サツキ、洲浜の緑泥片岩など単純な構成ながらも配色にこだわっている。

Imh_6842a

Imh_6840b

Imh_6847b 

Imh_6846b

Imh_6849a

   「即興の庭」(当初なかった空間に即興で作った庭)

   Imh_6850a_1

Imh_6854b 

「上古の庭」
松尾山中の「磐座」(日本庭園の原初形態で、御神体とした石)に因んで作られたもので、神を表徴する巨石を囲む岩石郡は森厳味溢れ、地上一面に植えられた丹波笹は高山の趣を表す。

Imh_6857a

「蓬莱の庭」(鎌倉風) TOPの写真も。
曲水の庭、上古の庭からは離れ楼門横の茶店の裏にあります。
蓬莱の島とは昔、中国の人が東海中に不老不死の島があると考えた島です。
岩の間から噴出する水が鶴形の池に注ぐところ、多くの島が点在し、周囲を回遊しながら眺めると仙境に遊ぶ感がするという 池泉庭園。
(三玲が池の形を支持し、その後長男の完途が遺志を継いで完成させた)

Imh_6935b_1

Imh_6971b

Imh_6976a Imh_6964a

池の中にも

亀がいます。

Imh_6946a

Imh_6953b

Imh_6967b

私の感じたことは、
周囲の建物による圧迫感もあり、庭園が少し狭いと感じました。
建物が木造ではなく、鉄筋コンクリート造であることが理由かも知れません。
巨石が固められているのは当然ですが、洲浜も小石がコンクリートで固められており 今まで見てきた庭園とは全く違うものです。
私の感覚は過去の庭園の概念に囚われていて、これが「モダン庭園」なのかも知れません。

これだけ多くの石の強さに感激いたしました。丁度前を行くグループの方を率いておられたのが三玲さんのお弟子さんのようで、当時の石を運ぶ苦労をされておりました。

Imh_6881a_1

曲水の庭、磐座の庭を回った最後に霊亀の滝、亀の井があります、猪の罠も。

Imh_6874a_1 Imh_6877a

Imh_6988a_1

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

昨夜は中秋の名月、雲の間から僅かに見えたお月様。
つきづきに つき見るつきは多けれど つき見るつきは このつきの 月

Imh_7780c 

| | コメント (8)

2006/10/06

松尾大社 Ⅰ 境内

Imh_6751a

松尾大社 
社殿の背後の松尾山を含む約12万坪が境内。松尾大社ホームページ
大山咋神(おおやまぐいのかみ)と市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)の二神を祀る。
大宝元年(701)秦忌寸都理(はたのいみきとり)が、松尾山大杉谷の磐座(いわくら)の神霊を勧請し、当地に社殿を建立したのが起りと伝え、平安時代には皇城鎮護の神として、また中世以降は醸造の神として人々の信仰を集めている。
宝物としては、等身大の男神坐像二体、女神坐像一体(ともに重要文化財)を有する。
西京区嵐山宮町 (以上駒札) 場所はここです。

Imh_6778a

Imh_6784a

神輿庫 酒樽がいっぱい。

Imh_6789a

Imh_6806a Imh_6817a

本殿(重要文化財)は、「松尾造り」と呼ばれる珍しい建築で、天文11年(1542)に改築されたものである 

Imh_6797a

拝殿

Imh_6829a

南末社

Imh_6809a

Imh_6825a

社務所裏のお手洗川に「霊亀の滝」があり「亀の井」という霊泉を酒造家は酒の元水としている。

Imh_6876a Imh_6888b

Imh_6907a

一ノ井川の山吹

Imh_6901a

4月に行われる松尾祭は、桂川で神輿の船渡御があります。その舟です。

Imh_6993a_1 Imh_6756a_1  

松尾大社はお酒の神様だけあって、資料館があります。

Imh_6743a_1 Imh_6762a

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

明日は重森三玲作の庭園ですが、茶店の窓に広がる「蓬莱の庭」で予告編。

Imh_6773b

   Imh_6770a_1

| | コメント (10)

2006/10/05

桂川 松尾橋あたり

Imh_6715a

「桂川」(かつらがわ)は京都府を流れる淀川水系の一級河川。流路延長107km。
京都市左京区と南丹市(旧美山町)との境の佐々里峠に源を発します。

嵐山で京都盆地に出て南に流れ→伏見区で鴨川を併せて→大阪府との境で木津川、宇治川と合流し→「淀川」となります。地図です。

京北町流域では「上桂川」(かみかつらがわ)→園部町に入ると「桂川」→亀岡市に入ると「大堰川」(おおいがわ)→亀岡市から嵐山あたりまでは「保津川」(ほづがわ)などと名を変え、嵐山から合流地点は再び「桂川」と称される。

四条通を真っ直ぐ西へ、ここは「松尾橋」です。桂川をもう少し下れば桂離宮です。 

Imh_6709b

大文字送り火の「鳥居形」が良く見えます。

Imh_6707a

北?北西?方面どっち向いているんだか?

Imh_6716a

左の方のコブのある山が愛宕山です。

Imh_6721b_1

Imh_6706a

鴨川に比べて河原が広々です。 水遊び

Imh_6726a

昼寝

Imh_6713a

バーベキューもしてましたよ。

Imh_6728a

明日のブログはあの朱色の鳥居、「松尾大社」です。

Imh_6719b_1 

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

上流の嵐山の渡月橋あたりの紅葉の頃、あと一ヶ月半くらいでしょうか。

Dsc13805a

幻想的な写真がありました。

Dsc13796c

| | コメント (11)

2006/05/28

■梅宮大社

Dsc00383c

梅宮大社(うめのみやたいしゃ)の花菖蒲が咲き始めてきたようです。
写真は以前のものですから、まだこんなに咲いてないと思います。
これで4-5分咲き位のようです。地図はこちらです。

Dsc00392a

Dsc00390b

Dsc00405b_1

寺院 神社に池はつきもの、これから花菖蒲、睡蓮が池の端を彩ってくれます。
早く見頃になってほしいなあ。6月中楽しめそうです。

Dsc00400b

Dsc00389b

Dsc00399b

Dsc00411a

Dsc00410a

Dsc00408a

クリック宜しく。

---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---    
  こちらは絶対によろしく にほんブログ村 旅行ブログへこちらも是非ともよろしく☆
---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

1 こだわり風景2 (2008) | 1 こだわり風景1 (2007) | 2 シリーズ 特定・こだわり風景 1 | 2' シリーズ こだわり人物 1 | 3 シリーズ 季節・・・空 花 | 3' シリーズ 祭りと人物 | 4 街で見かけた面白いもの | 5 垣間見るシリーズ 1 | 5'反射するシリーズ 1 | 6 動物シリーズ 1 | 8 格言 名言 1 | 9 ○○めぐり | 9 老舗 茶店 屋台 | 9' 名水めぐり  | ■■ ごあいさつ ■■ | ■■ バックナンバー タイトル一覧 ■■ | ■■ 空・動物たち  NO 1 ■■  | ■ 京都の眺望 ■ | ■散策・00 京都駅 壬生 島原 界隈 | ■散策・02 ◆博物館~豊国神社~六波羅蜜寺 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・05 清水寺の四季 | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路~八坂神社 | ■散策・07' 三条 四条通 五条界隈 | ■散策・07 祇園白川(夜桜も) 柳の白川他 | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・10 平安神宮 四季 | ■散策・11 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・13 東大路通 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 吉田山 寺院他  | ■散策・18 大文字山 五山送り火 | ■散策・19 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・20 大原 八瀬 | ■散策・21 蓮華寺 岩倉 修学院  | ■散策・22 鷹峯 円通寺 正伝寺他 | ■散策・23 比叡山と延暦寺 | ■散策・24 鞍馬山~貴船神社 | ■散策・25 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・26 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・27 嵐山 渡月橋 太秦 | ■散策・28 嵯峨野 竹林の道 鳥居本 | ■散策・29 高雄 槙尾 栂尾 周山 (紅葉も) | ■散策・30 松尾大社 梅宮大社 他 | ■散策・31 伏見 酒蔵 御香宮 十石舟 | ■散策・32 宇治 平等院 他 | ■散策・33 山科 醍醐寺 他 | ■散策・34 大山崎 大原野 西山(紅葉も) | ■散策・35 西陣 他市中の寺院 | ■散策・36 府下 石清水 岩船寺 他 | ■散策・37 ◆東山・花灯路 2005 | ■散策・38 ◆東山・花灯路 2006 | ■散策・39 ◆嵐山・花灯路 2006 | □0 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野  | □2 【桜】 御所 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い 1 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い 2 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い 3 | □4 【紅葉】 吉田山 東山   | □5 【紅葉】 大原 三千院他 古知谷 | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 西山も入ってます | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓  | □8 【紅葉】 鷹ヶ峰 円通寺 光悦寺他 | □9 【雪】 雪の日の京都めぐり | □【イベント情報 ライブカメラ】 | □【ライトアップ行事 京の夜の祭り 】 | □【京都三大祭】 葵祭 祇園祭 時代祭 | ▼重森三玲の庭 | ● 1 京都御苑 | ● 2 京都御所 仙洞御所 | ● 4 桂離宮 修学院離宮 | ● 6 南禅寺・ 南禅寺塔頭 水路閣 | ● 7 天龍寺・ 塔頭 | ● 8 相国寺 | ● 9 建仁寺 | ●10 東福寺・ 塔頭 | ●11 大徳寺・ 大仙院など塔頭 | ●12 妙心寺・ 退蔵院など塔頭 | ●13 泉涌寺 界隈 | ●14 龍安寺 等持院 | ●15 大覚寺 大沢の池 | ●16 御室 仁和寺 | ●19 二条城と近辺 | ●20 東本願寺 西本願寺 | ●21 伏見稲荷大社 | ●22 宇治・黄檗山 萬福寺 | ●23 下鴨神社 四季 | ●24 京都十六社めぐり | ●26 都七福神めぐり | ●知恩院 | ●金閣寺 | ●銀閣寺 | ●青蓮院門跡 | ★ 手作り市 | ★ つれづれ日記 | ★その他 | ★京都の大学 | ★京都の山を歩く | ★植物園 花だより | 京の川 2 | 京の食事処 | 京都駅南方面 | 伏見 城南宮 | 先取り写真館 | 北野天満宮 上七軒 | 御所 界隈 梨の木神社他 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 時代祭 | 智積院 | 桜 特集 1 | 法然院の四季 | 特集 | 石峰寺 (伊藤若冲 五百羅漢) | 祇園祭 | 紅葉 特集 1 | 紅葉 西山 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 新緑 青もみじ | 花の京都 春 1 | 花の京都 秋 1 | 葵祭 | 行事・お祭り | 車窓から | 雪景色 特集 1 | 1 嵯峨野 広沢の池 | 2 三大祭 | 2 三尾 | 2 京大・界隈 | 2 伏見 | 2 大原  | 2 嵯峨野 鳥居本 | 2 雪の京都 | 2 鷹峯 円通寺 正伝寺他