2007/01/09

雪の日の高台寺

Dsc22790a

今まで「花灯路」以外は載せていなかった「高台寺」。ねねの道から階段を上がったところです。雪の日の「高台寺」をどうぞ。公式サイトです。地図はこれ

 慶長10年(1605)豊臣秀吉の夫人北政所(ねね・出家後は高台院)が、秀吉の菩提を弔うために創建した。 鷲峰山(じゅぶざん)と号する臨済宗建仁寺派の寺である。
現在の開山堂、霊屋(たまや)、表門、観月台及び茶室の傘(からかさ)亭と時雨(しぐれ)亭は創建時のもので、いずれも国の重要文化財に指定されている。
霊屋には秀吉夫妻の木像を安置し、須弥壇(しゅみだん)及び屋内の蒔絵(まきえ)は、高台寺蒔絵として名高い。
池泉観賞式の庭園は、小堀遠州(こぼりえんしゅう)の作と伝え、国の史跡・名勝に指定されている。寺宝としては、絹本著色豊臣秀吉像など数多くの貴重な文化財を蔵している。東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町 (駒札より)

遺芳庵

Img_2068a

方丈前庭 (トップも)

Img_2076a

Img_2079a

霊山観音が見えます。

Img_2077a

Dsc22792a

Img_2071a

Img_2074a

Dsc22787a

左に観月台、開山堂、奥の白い屋根が霊屋・・だと思います。

Img_2086a 

Dsc22794a

Img_2096a

Img_2089a

臥龍廊と開山堂

Dsc22799a

Dsc22801a

開山堂の中から。

Img_2099a

Dsc22796a_1 

Dsc22804a

Img_2110a

傘亭と時雨亭

Img_2113a

Img_2123a

Img_2108a

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

祇園閣から左大文字 (拝観受付あたりから見えます)

Img_2063a

| | コメント (4)

2007/01/08

雪の産寧坂から円山公園へ

Dsc22780a

昨日は朝少し雪が積もっていて、、、いくつかライブカメラを見て、今から行って綺麗な雪景色が撮れるかと探しました。
でもどこも直ぐ消えそう。午前中雪は舞っていましたが、陽が射すとともに消えてゆきましたので今日のブログは以前に行った雪の日です。

「清水寺」に続き、産寧坂から二年坂、ねねの道を経て円山公園に出ます。
「三年坂」って書こうか、「産寧坂」って書こうか。「二年坂」で良いと思っていたら地図には「二寧坂」って書いてあるし。そのへん適当ですので宜しく。
清水寺を後にして清水坂を下ります。

Img_1931a

産寧坂へは七味屋さんで折れます。

Img_1916a

雪の日の階段はちょっと恐いです。

Img_2012a

イノダコーヒーでの暖かなひとときです。

Img_2032a

Img_2017a

以前の料亭「阪口」が青龍苑として生まれ変わりました。
庭園は無料で開放され お茶室でお抹茶もいただけます。また土産物店、喫茶 食事処、そして料亭・京都坂口もあります。

Img_2024a

Dsc22770a

二年坂を下りて行きます。

Img_2042a_1 

Img_2044a 

Img_2049a

霊山観音 (りょうぜんかんのん) 公式サイトです。

Img_2057a

八坂の塔と京都タワーです。

Img_2053a_1 

こちらは京都タワーだけ。

Dsc22778a

雪の日も舞妓体験で。右の舞妓さんは外人さんでした。
道端の雪はすっかり溶けています。

Img_2147a

この辺りは「ねねの道」です。

Img_2148a

Img_2150a

Dsc22809a

円山公園に着きました。

Img_2153a

Img_2154a

お馴染みのアオサギ君とこのごろお馴染みになった鳥さんです。
小屋がありますね。アヒルじゃなさそうだけれど・・・アヒルか??。

Img_2155a_1  Dsc31048a

明日は「雪の高台寺」の予定です。

-------------------------------------------------------------
 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆
-------------------------------------------------------------

Img_2158a

| | コメント (4)

2006/02/16

■散策 清水寺~八坂神社 1

Dsc14297b

散策路をご紹介します。
皆さん良くご存知だと思います。と言うのも多分修学旅行で歩かれたことと思います。
清水寺から八坂神社へ・・・私の大好きな散策路です。ご一緒にどうぞ。

京都駅からも近く、京都で一番賑っている散策路といえばここです。

京都駅から市バス「206 東山通り北大路バスターミナル行き」に乗ります。
三十三間堂、博物館、妙法院を見ながら、空いている時なら10分位で「五条坂」に着きますが、シーズン中は倍ほどかかる事もあります。

今日は「五条坂」で降りてちゃわん坂を、「清水焼」のお店見ながら上がりましょう。
「舞妓体験」のお店などがあったりします。

Tyawan04

Tyawan03

舞妓だけでなく・・・粋な芸妓さんも・・・外人さんにも着物は似合います。

Kiyomizu06

朱の楼門、清水寺に着きました。京都市内が見下ろせますよ。

Dsc08362b

Tyawan17

拝観料300円を払って中へ。

36dsc07442b

子安の塔が見えます。あそこまで足を伸ばしてくださいね。

44dsc07445b

舞台を出て左に地主神社があります。良縁祈願、縁結びの神社です。
次に舞台を見る絶好の場所に行きましょう。

43dsc07461

音羽の滝・・・夏でも水は冷たい。

Kiyomizu15a

がっちりした舞台の骨組みに驚きますよ。

Kiyomizu10a_2

子安の塔からの景色です。清水の舞台全体が見事に見えます。

Dsc07792z

Kiyomizu12a

清水寺を去る前に、ちょっと寄ってほしい所があるのです。
料金所の北側の坂道を下がったところに、お地蔵様が大勢いらっしゃいます。
是非どうぞ。

Kiyomizu11b

さあ清水の坂を下りて行きましょう。

Tyawan18

Kiyomizu011 

さあ、次は三年坂(産寧坂)、二年坂に入ります。
観光客で賑う清水坂を「七味屋さん」まで下ってください。ここが入り口です。

Dsc08364a

三年坂(産寧坂)、二年坂はお店をのぞきながら、お土産を買いながら、美味しいものを食べながらどうぞ。
「■散策 清水寺~八坂神社 2」に続きます。

サイトの「スライドショー洛東」にもっと多く写真があります。こちらです。
●清水寺の四季もどうぞ。

地図はこちらです。

 ブログランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

| | コメント (2)