葵祭

2006/05/16

◆葵祭 新緑に映えて

Img_6979a

初めて葵祭を追いかけてみて、どこで見るのが一番お得で美しいか考えました。
じっとして通り過ぎるのを楽しむなら写真の場所「賀茂街道」でしょうね。
北大路橋から御園橋への道です。
新緑生い茂る並木道、直線ですから遠くからやって来るのが良く見えます。
見物客もそう多くはいません。今更遅いですが葵祭の由来はココです。

車はダメですよ。行列優先ですから動けません。
自転車で行列を追いかけたり、先回りしたりして見ると
「一度で三度美味しい葵祭」になります。

Dsc26196a_1

Dsc26200a

Dsc26219a

Dsc26229a 

Dsc26238a

Dsc26245b

賀茂川左岸から。牛車(御所車)は枝垂れ桜と藤、2台あります。これは藤です。

Dsc26192b

河原はノンビリです。
下鴨神社の喧騒が何だったのだろうかと思わせるほどにノンビリしています。
木々の間をゆっくりゆっくり進む行列が見えます。

Dsc26184a

北大路通りから見ました。

Img_6731a_1 

Img_6739a

※右サイドバー ALBUM 2に少し別の写真も入れました。見てください。
写真がいっぱい撮れました。
HPでスライドショーに仕立ててサイトで公開しますので暫くお待ちくださいね。

クリック有り難う御座います。人気blogランキング、ただ今2位になっております。
身に余る光栄。だから恐~い!
でもお願いしちゃいます。今日もクリック忘れないで下さいね。
貴方のクリックが支えですm(_ _)m。

 1日1回限りに有効です。クリック宜しくお願いします  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

最後の一枚。枝垂れ桜の牛車です。赤い装束の童が緑に映えて可愛い。

Img_6994b

| | コメント (8)

2006/05/15

◆葵祭 緑の中で

Dsc26242a

「初めて葵祭りをこの目で見ました」・・・と思います。ニュースで毎年見るから行っていなくても行ったような気に。(ここ40年は確実に行っていません)。
5月15日は 「葵祭りや!鯖寿司や!」は思い出しても、お祭りを見に行こうとは決して考えませんでした。
でもこの「牛車のある風景」だけは見たくて・・・。

どこで見ようか・・・北大路橋から御園橋までの賀茂川右岸を行列が進むのを、左岸から眺めたいと思っていました。取り急ぎ1枚。・・・今日は忙しかった。

まず11時に下鴨神社へ(遅過ぎです)。
木々の間からちょっぴりだけ見える行列を撮ってから一休み。
         ↓
午後の出発。ゆっくり休み過ぎて、慌てて自転車で行列を追いかける。
         ↓
北大路橋で先頭に追いつく。でもちょっとロケーションとして不満。
         ↓
賀茂川左岸を自転車で北上。
緑濃い大木の間に微かに見える行列を「やっぱりココだ!」と思いつつ撮影。
         ↓
御園橋で行列は上賀茂神社に向けて曲がります。
・・・で、「正面から来る行列を待つ」。d(-_^)good!!
上の写真は御園橋で待ち構えて撮りました。

先ずは1枚です。写真を整理して明日も公開します。
緑の美しい中をカラフルな行列が進みます。

 一日に一回しか効力はありません。クリックして応援してくださいね  
   よろしく♪    にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

| | コメント (3)

2006/05/04

◆斎王代禊の儀

Dsc25645a

斎王代の禊の儀(さいおうだいみそぎのぎ)は斎王代と女人たちが御手洗川に手を浸し禊をする儀式、「葵祭」の流れの前儀の一つです。

下鴨神社と上賀茂神社で隔年交互に行なわれ今年は上賀茂神社で行なわれた。
↓ バスにて上賀茂神社に到着、これから行事が始まります。

Dsc25576a

Dsc25616a

Dsc25691a

Dsc25624a

Dsc25672a

Dsc25674b

Dsc25724a

無事に終わりました。15日の葵祭に向けてまだ行事は続きます。

Dsc25730a

明日5日の競馬会神事の馬場の用意が出来ていました。●上賀茂神社のHP

Dsc25741a

---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---  
  こちらは絶対によろしく にほんブログ村 旅行ブログへこちらも是非ともよろしく☆
---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---

| | コメント (7)

●下鴨神社 流鏑馬

Dsc25504b

京都三大祭りの一つの「葵祭」(あおいまつり)の流れの中の前儀の一つ、5月3日の下鴨神社、流鏑馬神事をお伝えします。(写真は拡大して見て下さいね)

全長500メートルの馬場を、公家風、武家風の狩装束姿の射手が、疾走する馬上から三ヶ所の的を目がけて矢を射る神事。

一人の射手が駆け抜けるまでです。射手の方々は「小笠原流馬術同門会」の皆様。
↓ 第一の的が射ぬかれ、割れた的が飛んでいます。

Dsc25505b

第二の的を狙います。

Img_5903a

「矢」が放たれてから、的を射抜き、後ろに突き刺さるまで、「矢」を見てくださいね。

Img_5905a

Img_5906a

Img_5907a

第三の的に向かう為に、矢を箙(えびら)から抜き取ります。

Img_5909b

Img_5910c

第三の的も射抜いてね。

Img_5911c

Img_5914a_1
矢を抜いたり、的の取替えは下鴨神社のボーイスカウト、ガールスカウトが行ないます。

いかがでしたか? 少しでも臨場感が伝わればと思います。

射抜かれた的は「当的」として大きさに係わらず3000円で販売。
お土産のTシャツなんかも売っています。

Dsc25490a Dsc25523a_1

| | コメント (4)

2006/04/29

◆流鏑馬神事と駈馬神事

Dsc06772b

5月3日の下鴨神社の流鏑馬(やぶさめ)神事と、5日の藤森神社の駈馬神事。
対照的な二つの駆け馬の神事を見てください。

下鴨神社の流鏑馬神事から。下鴨神社の流鏑馬のHPです。
流鏑馬は「やぶさめ」、あるいは「やぼさめ」と読みます。馬を走らせながら鏑矢(かぶらや)を射ることです。
馬場の長さは約350m。その間に100m間隔で3ヶ所に的が設置してあります。

Dsc06755b

Dsc06763b

Dsc06729b

Dsc06759a_1

流鏑馬神事は
5月3日 午後1時より始まります。
馬が走り出すのは1時半位からです。

的の前には有料席があります。
2000円 パンフレット付き。
正午より受付です。

射抜かれた的は販売されます。

Dsc06864b

↑次に藤森神社(ふじのもりじんじゃ)の駈馬(かけうま)神事です。
駈馬神事自体の歴史は、室町時代に遡ります。
馬上で多彩な芸を見せるものです。凄いスピードで迫力満点です。
迫力ある写真を撮りたい方は、是非とも早くから場所の確保をなさって下さいね。
猛スピードで走ってくる馬にカメラを構えて待つのが恐いくらいですが。
私達は神事開始間際に行ったので場所が無くてうろうろ、
結局出走地点の少し前で撮りましたので勇壮な姿の後姿ばかりでした。
   ●場所はここです。    ●藤森神社の情報はこちら。

駈馬神事は5月5日の13:00と15:00から執り行われます。見事な曲乗りです。
競馬ファンに人気のある神社です。

Dsc06855b

Dsc06881b

Dsc06880a 

どちらがお好みですか?・・・日が違いますから両方ともに行けますよ。

尚 上賀茂神社では5月5日に競馬会神事が行なわれます。

 ブログランキングを応 援してくださいね  
      よろしく♪  にほんブログ村 旅行ブログへこちらもよろしく☆

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

1 こだわり風景2 (2008) | 1 こだわり風景1 (2007) | 2 シリーズ 特定・こだわり風景 1 | 2' シリーズ こだわり人物 1 | 3 シリーズ 季節・・・空 花 | 3' シリーズ 祭りと人物 | 4 街で見かけた面白いもの | 5 垣間見るシリーズ 1 | 5'反射するシリーズ 1 | 6 動物シリーズ 1 | 8 格言 名言 1 | 9 ○○めぐり | 9 老舗 茶店 屋台 | 9' 名水めぐり  | ■■ ごあいさつ ■■ | ■■ バックナンバー タイトル一覧 ■■ | ■■ 空・動物たち  NO 1 ■■  | ■ 京都の眺望 ■ | ■散策・00 京都駅 壬生 島原 界隈 | ■散策・02 ◆博物館~豊国神社~六波羅蜜寺 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・05 清水寺の四季 | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路~八坂神社 | ■散策・07' 三条 四条通 五条界隈 | ■散策・07 祇園白川(夜桜も) 柳の白川他 | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・10 平安神宮 四季 | ■散策・11 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・13 東大路通 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 吉田山 寺院他  | ■散策・18 大文字山 五山送り火 | ■散策・19 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・20 大原 八瀬 | ■散策・21 蓮華寺 岩倉 修学院  | ■散策・22 鷹峯 円通寺 正伝寺他 | ■散策・23 比叡山と延暦寺 | ■散策・24 鞍馬山~貴船神社 | ■散策・25 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・26 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・27 嵐山 渡月橋 太秦 | ■散策・28 嵯峨野 竹林の道 鳥居本 | ■散策・29 高雄 槙尾 栂尾 周山 (紅葉も) | ■散策・30 松尾大社 梅宮大社 他 | ■散策・31 伏見 酒蔵 御香宮 十石舟 | ■散策・32 宇治 平等院 他 | ■散策・33 山科 醍醐寺 他 | ■散策・34 大山崎 大原野 西山(紅葉も) | ■散策・35 西陣 他市中の寺院 | ■散策・36 府下 石清水 岩船寺 他 | ■散策・37 ◆東山・花灯路 2005 | ■散策・38 ◆東山・花灯路 2006 | ■散策・39 ◆嵐山・花灯路 2006 | □0 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野  | □2 【桜】 御所 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い 1 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い 2 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い 3 | □4 【紅葉】 吉田山 東山   | □5 【紅葉】 大原 三千院他 古知谷 | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 西山も入ってます | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓  | □8 【紅葉】 鷹ヶ峰 円通寺 光悦寺他 | □9 【雪】 雪の日の京都めぐり | □【イベント情報 ライブカメラ】 | □【ライトアップ行事 京の夜の祭り 】 | □【京都三大祭】 葵祭 祇園祭 時代祭 | ▼重森三玲の庭 | ● 1 京都御苑 | ● 2 京都御所 仙洞御所 | ● 4 桂離宮 修学院離宮 | ● 6 南禅寺・ 南禅寺塔頭 水路閣 | ● 7 天龍寺・ 塔頭 | ● 8 相国寺 | ● 9 建仁寺 | ●10 東福寺・ 塔頭 | ●11 大徳寺・ 大仙院など塔頭 | ●12 妙心寺・ 退蔵院など塔頭 | ●13 泉涌寺 界隈 | ●14 龍安寺 等持院 | ●15 大覚寺 大沢の池 | ●16 御室 仁和寺 | ●19 二条城と近辺 | ●20 東本願寺 西本願寺 | ●21 伏見稲荷大社 | ●22 宇治・黄檗山 萬福寺 | ●23 下鴨神社 四季 | ●24 京都十六社めぐり | ●26 都七福神めぐり | ●知恩院 | ●金閣寺 | ●銀閣寺 | ●青蓮院門跡 | ★ 手作り市 | ★ つれづれ日記 | ★その他 | ★京都の大学 | ★京都の山を歩く | ★植物園 花だより | 京の川 2 | 京の食事処 | 京都駅南方面 | 伏見 城南宮 | 先取り写真館 | 北野天満宮 上七軒 | 御所 界隈 梨の木神社他 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 時代祭 | 智積院 | 桜 特集 1 | 法然院の四季 | 特集 | 石峰寺 (伊藤若冲 五百羅漢) | 祇園祭 | 紅葉 特集 1 | 紅葉 西山 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 新緑 青もみじ | 花の京都 春 1 | 花の京都 秋 1 | 葵祭 | 行事・お祭り | 車窓から | 雪景色 特集 1 | 1 嵯峨野 広沢の池 | 2 三大祭 | 2 三尾 | 2 京大・界隈 | 2 伏見 | 2 大原  | 2 嵯峨野 鳥居本 | 2 雪の京都 | 2 鷹峯 円通寺 正伝寺他